飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片岡引退

阪神タイガースの片岡篤史内野手が現役引退する事になりました。

[片岡引退]の続きを読む

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

高校生ドラフト

阪神(野球)ファンと言ってるのはダテじゃない!
とばかりに自主早退(何)して高校生ドラフトを満喫しましたw


今日のテーマは『高校生ドラフト』です。

[高校生ドラフト]の続きを読む

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

お父さん今日は張り切っちゃうぞ~(何

今日はブログを連続更新したいと思います☆


最初は比較的堅苦しくスポーツの話題。


その次は漫画の感想を。


というわけで、今回のテーマは


「オシムJAPAN」「阪神タイガース」「高校野球in甲子園」です。

[お父さん今日は張り切っちゃうぞ~(何]の続きを読む
フェアプレーって何ぞや?

少しばかり古い話になりますが、
監督が三振指示、雨天ノーゲームを避ける為


この話題を知った時、私は「いちスポーツマン」として、いやスポーツを経験した者として違和感を覚えました。
記事を読んで頂ければ事情が分かると思いますが、この行為の何がいけないんでしょう?
チームが圧勝している─もう少しでコールドで試合成立という─状況で相手に遅延行為と思しき行為があった。
あと少し耐えれば勝利が待っている。そういう状況でこういった行動を取る事を何故、責められます?

雨天ノーゲームはボロ負けてるチームからすれば正に天の恵みでしょう。
しかし、また投手は投げないといけない。それでなくても過密日程で大変なのに更に負担が増す。
しかも投手の肩は消耗品です。ロクな休みもない状況で1試合あたり100球~150球は投げるんですよ?
プロとは違い高校野球は1人のエースに依存するチームが非常に多いですからね。



また私の経験になりますが私は野球ではなくラグビーだったので時間制限のあるスポーツです。
ある試合で私のチームは負けていました。終盤に入ると相手は露骨にまた当然の如く時間稼ぎをしてきます。
私は試合中は人格変わる(え)ので相手に叫びまくりました、「さっさとしろや!」「正々堂々攻めて来い!」などなどetcetc
しかし奮闘虚しくチームは敗北。イラついてる私をコーチは「みっともないぞ」と叱咤してくれました。
その時は頭に血がのぼっていたのもあって何故、私が怒られるのか理解出来ませんでしたが後になって冷静になってみればコーチの言いたい事が分かり反省しました。
負けてるチームがどれだけ喚こうと所詮、負け犬の遠吠えに過ぎない。それが嫌なら、悔しいならその分もっと努力して勝つしかないんだ、と。



っと話が逸れましたが今回の件は高野連の孕んでいる矛盾、綺麗事が浮き彫りになったんじゃないかなと思ってます。
で、そんな高野連に私の愛読書「ラストイニング」の名言を抜粋、編集した言葉を捧げたいと思います


「野球が勝負事である以上、勝つ為に努力するのは当然の事だ。フェアプレーに拘るなら、いっそ県大会も全国大会もやめてしまえばいい。そして選手の挨拶の仕方や礼儀だけを見ていればいいのだ」



と堅苦しい話はこれぐらいにして…
今日のテーマは「AS2の感想とASの総括」です

[フェアプレーって何ぞや?]の続きを読む

テーマ:プロ野球サンヨーオールスターゲーム - ジャンル:スポーツ

新庄が仮面ライダーに!?

久しぶりの記事になりますがタイムリーにオールスターの話題でいきます。

今日はオールスターの(以後AS)第1戦目が神宮で行われたわけなんですが、まず昨日、行われた「フレッシュオールスター(要は2軍のAS)」の感想から。


[新庄が仮面ライダーに!?]の続きを読む

テーマ:プロ野球サンヨーオールスターゲーム - ジャンル:スポーツ

まるでジャンプのような展開

チャンピオンチームと三下チームの対戦
         ↓
王者は主力を温存、三下は後がない状況
         ↓
三下、後がないので空気を読まずに先制
         ↓
王者、オイタが過ぎた三下にブチ切れ
         ↓
本領発揮して怒涛の攻めで得点ラッシュ
         ↓
挙句の果てには更に主力を温存



もう完全に「王者と雑魚」の試合でしたね。
サッカーをさせてもらえなかった。
試合内容云々以前の問題。
しかしホント精神的に脆いな…


あとテレビ局! 惨敗で「進化してる」とか言われても説得力の欠片もないから!


そしてジーコ!
初戦を未だにグチグチと言うなら初戦を確実に取る試合運びをしろよ!
ブラジル相手に「勝たなきゃいけない」試合をしなくちゃいけなくなったのは見通しの甘さもあるんじゃないのか?
オーストラリアの見事な2位通過を見ていたら、「監督」の力量の差というものも考えざるをえない


中田! いつまで寝転がってるんだよ!
悔しいのにマスコミの前に出た中村を観てるだけに、あの行為は惨めで無様としか思えなかった


ホント腹立つなぁ。
マスコミの呆れた報道も含めて詳細は今日の夜にでも追記するつもりです。その頃には冷静に物事を見れるようになってればいいんですけどね

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

川口サマサマ

絶体絶命のPKをとめた川口。
ミスもありましたが今日の(も)功労者は間違いなく彼でしょう。



ただ試合内容はgdgd。
日本もクロアチアもミスが多すぎる。
暑いという事を考慮しても酷すぎ!


これがW杯の予選の試合なのか?
私は失望すらしていますよ。

[川口サマサマ]の続きを読む

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。