飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月スタートだった

先日、取り上げた「宇宙をかける少女」ですが1月スタートの模様。
私はてっきり4月スタートの2クールものかなと思っていたんですが1月スタートという事は1クール?
というのもアニメは基本的に2クールものは4月・10月スタートなんで(ちなみに私が上半期の開始を1月ではなく4月にするのもそれが理由)

しかしキャラの多さや設定を考えると到底1クールとは思えない。
今、流行の分割○クールって奴かな(今回の場合だと分割2クール?)
でも分割ものって言われている程のメリットは無いと思うんですけどねぇ。
お偉いさんいわく「クオリティの維持や人気に合わせた展開が出来る」との事らしいんですが、どこまで信じていいものやら。
むしろ待たされてる間に熱が冷めたり2期目になって逆に劣化してたりっていう印象の方が強い。
ま、商売的には都合が良いってのが本音なんでしょうが。

今日は『宇宙をかける少女 声優語り』『RD総評』です。

 

※プロフの所にも書きましたがコメントにhttp(要はURL)が使えなくなりました。httpがあるとNGで弾かれますのでご注意を。



●宇宙をかける少女
宇宙をかける少女の声優陣が発表されました。
“古里P作品だなぁw”って感じのラインナップです。
Pのお気に入りと有名な進藤尚美はもちろん、その進藤ですらなし得なかった5作品(舞-HiME・舞乙・舞乙Z・アニマス・シフル)皆勤出演の石田彰・ゆかなも当たり前のように出演決定していますしそれ以外にもどこかで見た名前がズラリ。
そして彼らでガッチリ脇を固めてメインには若手起用ってのも舞乙以降の伝統ですね。
なのでメインのMAKOや牧野由衣も心配してないと言えば嘘になりますが「まぁ何とかなるだろ」と楽観視してるのは事実です。

そしてレオパルド(という名のコロニー)に福山潤。
なので2ちゃんでは「ロボと恋愛の次はコロニーと恋愛か?w」などと囃し立てられてますw
まぁ、わざわざ福山を持ってきた時点で皆そう思いますわね。

【ここから暴走開始】
あ、福山といえばゆかな(のキャラ)と絡んでくれないかなぁと某カプ厨的には思ったりw
ちょっとでもいいんで絡んでくれたら、それだけで小躍りして喜びますよ。
というのもあの2人そこそこ共演はしてるのに、ものの見事にキャラが絡まないんですよ。
今、再放送しているフルメタふもっふ・TSRに、BLEACH・セキレイ…
ギアスの他ヒロイン(の中の人)は他作品でも福山キャラと絡んでるのに何でルルシーだけ(つД`)
カレンは言うまでもなく「狼と香辛料」でミレイもこれまた言うまでもなくホリック。ナナリーとは結構、絡んでる印象だしシャーリーにユフィ、アーニャもある。

まぁC.C.(の中の人が演じるキャラ)の方もスザクとドルアーガで「こいつらどう見てもヤる事ヤってるよな」な関係だったりロロとお稲荷様で同棲ラブコメしてたりするんですがw
メインじゃなくてもいいんでどっかが福山キャラとゆかなキャラがイチャつくアニメ作ってくんないかなぁ。
どんな糞作品でも応援する自信ありますよw
【暴走終了】

他のキャストだと…現段階ではキャラデザや設定などが公表されていないので何とも言えないのですが、黒田・南里・中原・下野・小野あたりは楽しみですね。
特に南里は「音楽活動に専念し声優は廃業?」とも言われていたので驚きました。
あとはやっぱり中原は姉系キャラでw

キャラデザや設定などが発表されて「オッ!」と思うような事があれば、またその時に順次、取り上げたいと思います。


●RD潜脳調査室
関西でもようやく最終回を迎えました。実に1ヶ月以上(2ヶ月近く?)遅れです。
いやね遅れるのは構わないんですよ。中途半端に1週間遅れとかよりも諦めがつきますし。
でも、こちらが敢えて意識しないでいるのにオマケのコーナーでまじまじと意識させられると正直、腹が立つ(※この番組は関東地区で○月○日に放映されたものです、というテロップがつく)

愚痴はこれぐらいにして本編の方なんですが…正直こちらも愚痴を言いたくなる(オイ)
序盤から中盤にかけては面白かったし、何より物語についていく事が出来た。
しかし終盤(久島襲撃のあたりから)は完全に置いていかれました。
話数を経るごとに、どんどん置いていかれクライマックスでは完全に蚊帳の外。

その原因は何かっていうのを考えると1話ないし2話完結という構成を棄てたから、ですかね。
RDは内容(テーマ)が非常に複雑なので簡潔にまとめてくれないとついていくのが大変です。
実際、終盤は話数を経るごとに何がなんだか分からなくなっていきましたから。

じゃあ分かるまで見ればいいだろと言われるかもしれませんが、あの内容では繰り返し見る気には到底なれません。
そういう意味では“合わない作品”だったのかもしれません。

【総評】
RDに限った話でなく、この手の複雑な内容の作品について回る話なんですが「ついていけない人間が悪いのか」はたまた「そういう造りにした作り手が悪いのか」
私には“どちら”なのかは分かりませんが、たまにはこういう作品を見るのも良いよなと。
こういう作品が“スパイス”としてあるからこそ他のアニメ、例えば萌えアニメ(頭を空っぽにして見る作品)なんかも活きてくるわけですからね。
あぁ来週からのONE OUTSが楽しみだw

スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/87-41a38ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。