飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
谷口トラウマは健在

えー、コードギアスで谷口にまたやられました。
今回はスクライド(劉水)とリヴァイアス(ブルユィ)の合わせ技。
希望を持たせておいて最期に放置に近い感じで叩き落す!
本当にタチが悪い
何の作品かは忘れましたが「希望を持たせるなよ。人は希望なんかを持つから絶望するんだ」という台詞が頭の中を駆け巡っています。
24話での持ち上げさえなければラストがどれだけルルシーに冷たかろうとダメージは無かったんですよ。
それこそ「R2はデキもお粗末だしC.C.もルルシーも冷遇された見所のないアニメ」として撮り貯めしていたのを即行で消去するだけで済んだんです。


06年の9月から足掛け2年ですか。今までの時間は何だったんだろう…
タダで見ようと思えば何とでも出来るこのご時世に関連商品もいわゆる“お布施”として正規の方法で見ていたのは何だったんだろう。

あ、補足しておきますとカプが夢破れただけで萎えてるわけではありません。
そもそもの作品のデキ・内容自体が個人的には評価できないというのが根底にありますので。
悪の滅びの美学とお涙頂戴を混ぜ合わせたらいかんでしょう。
コードギアスはあくまでルルーシュの反逆の物語にすべきだったと思います。
同じお涙頂戴でもやるべき事を徹底してた分、アニメ版デスノのラストなんかは好きなんですけどね。


しかし最近は本当に踏んだり蹴ったりだ。
阪神は巨人のチートじみた追い上げの前に息も絶え絶え、NFLは贔屓のコルツが絶不調。
そしてアニメも元エースのコードギアスが私にとって最低の終わり方。
そしてエースと評したマクロスFも終盤にまさかの大失速。
マクロスFの通称ハーレムENDの方がマシではあったんですが。
注目株がこうも無様だと08年下半期のアニメも不安になってくるよorz

そんな中、私にとって初スパロボであるスパロボZが今の所、アタリだったのが唯一の救いでしょうか。
神様寺田様、スパロボの次回作にコードギアス1期を参戦させてルルシーをイチャつかせて下さい

現実逃避は辛いなぁ(つД`)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私はアリでした
う~ん、私はカップリングには拘っていないので、アレはアレで良かったかなと。
お涙頂戴にも、滅びの美学にも見えなかったし。

美学と言うのでは無いんですよね。
皆の為に、明日を目指す事のできる世界を作る。ルルーシュ自身も明日を望んでいるという状態で、それでもあそこで自分の死を計画に入れるのは、倒すべきを倒して平和になった世界で、どうしても目に入ってしまうのが自分の罪で、そんな世界で罪を背負って生きるのが辛いと言うか、耐えられないのでしょう。
そして、それに耐え、自分の罪を背負う事のできるスザクには、人並みの幸せを捨てさせる事で罪悪感を軽減してやるみたいな。

また、ルルーシュが自分の罪悪感で潰れたというのであればお涙頂戴ですが、罪から逃げずに自らの手で決着を付けたという点で、お涙頂戴とも違う。

よく言えば優しい、悪く言えば脆い部分の有るルルーシュの生き様を見せ付ける形の結末では無いかなと。

ところで、ラストシーンはルルシー救済のミスディレクション(御者がルルーシュで、C.C.が一緒だから孤独にならなかった)だと思ったんですが、そっちは主張しないんですか?
2008/09/30(火) 20:57:33 | URL | 黒川 #90LdKUd6[ 編集]
Re:黒川さん(遅くなって申し訳ありません)
カプに拘りがあるか、無いかってのは大きいでしょうね。
例えばマクロスFなんかだと私は特に拘りがないのであのENDも「まぁ妥当な所だよな」と納得していたのですが、
そうじゃない人からは「おいおい、ふざけんなよ」ってな感じで不満が噴出してますし。

>お涙頂戴
いやね、私はルルーシュがマジで死ぬようなキャラだとは微塵も思ってなかったわけですよ。
あくまで「死んだように見せかける」のがルルーシュだろうと。
なので納得させられる描写も無いままに死なれても「お涙頂戴」じゃねーのと思うわけです。

ま、結局の所は私が2期のルルーシュに滅多に共感出来なかったのが全てでしょうね。
黒川さんのブログでの言葉(この作品を支持できるかできないかは、ルルーシュと言うキャラクターに共感できるかどうかに関わっているでしょう)が全てかと。

>御者がルルーシュ
もちろん初見の時に瞬時に思いましたよ。
でも谷口の性格からいって今後のインタなどで「ルルーシュ? 死んでますよ」とバッサリ斬られる可能性が非常に高いので自重というか主張するのは控えました。
主に保心(誤字じゃない)の為に。

それと、ここから先は個人的な我儘ではあるんですが、あのやり方は取って付けたような感じがして釈然としないんですよ。
なんていうんですかね…
「想像の余地が欲しいならくれてやるよ」的な上から目線とでもいいましょうか。
御者=ルルーシュ的な描写があともう一押しあれば違ったのかもしれませんが。
2008/10/02(木) 17:08:45 | URL | 比呂飛鳥 #H4cJZq6M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/81-a9c7b9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。