飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なのはStSとみせかけて実は舞乙という罠(何)

魔法少女リリカルなのはstrikers(以降sts)は人気シリーズ魔法少女リリカルなのはの3作目で私も前作(2作目)であるA'sは非常に高く評価しています。
ですからその続編であるstsには嫌でも期待してしまうんですがどうしてもイマイチ乗り切れないというか不完全燃焼である感が否めなかった。
物語も終盤、クライマックスで話の内容自体は悪くないにも関わらず何故乗り切れないのか、不完全燃焼と感じてしまうのか、その理由を色々と考えているのですがモヤモヤした感じでしっくりきません。
頼りのネット(某巨大掲示板も含めて)もいわゆるファンとアンチで意見がものの見事に二分化されている為、アテにならない状況…
そんな中、舞乙のファンブックが目にはいった時、閃きました。


似たような作品と比較すればいいじゃない、と。


舞乙とstsは結構、共通点が多いんです。
根本的な所でいえば旧キャラが新キャラの先輩・上司である事、キャラが(2クールの割には)多い事などが挙げられますし細かい所でいえば百合(=女キャラ同士の絡み)優先で男キャラが軒並み不遇だったりする点も同じです。
もちろん違う点も多い(代表的なのは群像劇か否かという事)のですが旧キャラと新キャラの扱いの部分で共通点がある作品が少ないので比較するのは問題ないかなと。
…と理屈こねてますが、まぁぶっちゃけると直感に理屈を後付けしただけですw


あ、旧キャラが先輩or上司で新キャラが後輩or部下という作品があったら教えて下さい。思いついたのが舞乙と種死、Zガンダムだけというのは寂しいのでw

という訳で舞乙がダビングされてるDVDを掘り出してきたわけなのですがダビングして以来1度も見てなかったので探し出すのに苦労したのは秘密w
ちなみに一応ひと通り見たわけなんですが今回は先述したようにstsに合わせて終盤に絞ろうと思います(終盤というのは、いわゆる最終決戦前から最終回までを対象としてます)


しかし見てみて正直、驚きました。

舞乙ってこんなに面白かったっけ、と。

リアルタイムで見ていた時は何かと文句ばかり言っていた記憶しかないのですが久しぶりに見た今回はものすごく面白いんです。
久しぶりに見た事による新鮮さは当然、影響してると思うんですがそれ以上に1歩ひいた地点から冷静に見る事が出来たのが大きかったのかなと。


さて、これから本題である“何故stsは不完全燃焼なのに舞乙は面白いと感じたのか”のレビュー(比較)をしますがそれをするにあたって作画・演出・脚本の3つのポイントを中心に語ろうと思います。


○作画
stsを見ている方ならご存知だと思いますがstsは作画が非常に悪いです。
ファンの間では作画の話はタブーというのが全てを物語っているかと。
ですから本来なら比較するまでもないんですが舞乙を見ていて「おっ」と思った点があったのであえて比較してみる事にしてみました。


では舞乙の何が気になったのかというと“やる時はやる”という点です。
というのも実は舞乙の方も作画のレベルは決して高くなくキャラの顔が崩れているのも珍しくないというレベルです。
しかし要所要所ではしっかりとまとめてきてる。
野球で例えるならばヒット打たれて失点もするけど大崩れせず要所は締めるので試合に勝てる投手、といった所でしょうか。


しっかしstsは何であんなに作画が悪いんですかね?
人気シリーズの最新作だから資金面は問題ないと思うんですが…
となると残りは時間的な問題ですが前作から1年半空いてるしなぁ。
ってか時間という事なら舞乙の方が厳しいハズなんですが(==;)
サンライズの底力が凄いのか、はたまた監督の力量の差なのか…


○演出
作画や脚本との線引きが難しいので入れるべきかどうか悩んだのですが舞乙を見ていて「おっ」と思った点があったので(ry


舞乙の方は見てる人間を惹きつけようという感じがするんです。
物語に合わせたペース配分とでも言うんでしょうか。
まだ序章に過ぎない場面ではあえて抑え目にしておいて勢いに乗る場面が来たらここぞとばかりにテンポよくスピーディな演出をする。その切り替えが上手いから見てる方からすれば“物語の流れ”に身をゆだねやすい。


対するstsはキャラの多さもあって流れが実に単調です。
あるキャラの前ぶり→見せ場、次にまた別のキャラの前ぶり→見せ場の流れが基本なので1つの物語としての流れがないんですよ。
まぁだからこそキャラごとに見れば悪くない話という事なんですが。
それに何より酷いのがスピード感が全くない事でしょう。
ここまでスピード感がない戦闘シーンはfate以来じゃないですかね。


あと最後に1つ。
これまた舞乙を褒める内容でなんですが梶浦由記の音楽が素晴らしい。
確実に物語に深みを増さしていますよ。
アニメのサントラが欲しくなったのは久しぶりですw


○脚本
どこまで触れるべきか悩んだのですがあまり沢山の事をやっても仕方ないので物語の核と最終決戦の書き方の2点に絞ろうと思います。


【物語における核=家の大黒柱】
作品の造りとその核を例える時によく用いられるのが家であり大黒柱です。
それぐらい作品の核となる存在は重要なのですが舞乙とstsではここの部分で大きな違いがあります。


まず舞乙の方は典型的な主人公ワントップ作品。
アリカという主人公を核として、しっかり確立させているからこそ、いわゆる枝葉の部分に問題があったとして物語の大勢には影響がない。
そういう意味では吉野は割りきりというか切り捨てがちゃんとしてましたね。
だからこそ最終決戦でもアリカ以外は基本的には名無しのモブが敵ですし。


対するstsの方は群像劇といえば聞こえはいいものの実際はただ核が不在なだけ。
どこまでがメインでどこからが脇なのかの選択がしっかりしていないがために全体的に中途半端で何がやりたいのか伝えたいのかが分からなくなってしまっています(もしくは描写不足に苦しんだ)
それこそ家で例えるならばあの機能もつけたい、この機能もつけたいという風に考えなしに付け加えていった結果、大黒柱がなくなっていたという感じでしょうか。
舞乙と比較すればするほど取捨選択の甘さが浮き彫りになりますね。


そんな状態だから“昔とった杵柄”で絶対的な存在感を誇る“白い悪魔”ことなのはさんにおんぶにだっこで頼るしかないわけで…
sts本編で印象に残ってる場面がなのはさんの「少し頭、冷やそうか」や“壁抜きSLB”ぐらいなのは流石に酷すぎると思う(==;)


【最終決戦とそれにいたるまで】
最終決戦というのは物語の王道にして最も燃える展開といっても過言ではありません。
しかし、そんな王道も書き方次第でこんなにも差が出るんだなと実感しました。


まず最終決戦にいたるまで、つまり中盤での敗北ですね。
舞乙の方は良くも悪くも普通というか王道展開で主戦力であるローブを封じられた事による完全敗北、さらに親友の死、そして友が敵になる(=因縁の相手フラグ成立)と抑えなきゃいけない所はちゃんと抑えています。
そこからの立て直しが多少gdgdになったとはいえ及第点はクリアしてますから手堅いやり方だっと言えるかと。


stsの方もパッと見では完全敗北と言っても過言ではないんですが三大エースが誰ひとりとして負けていないのでそんな感じが全くしないんですよね(==;)
だからこそ最低でも誰か1人、個人的にはなのはさんを負けさせておくべきだったと思います。
それこそナンバーズ10人ががりで、とかでも構わないのでw



肝心要の最終決戦に話を移します。
舞乙の方は先ほど少し触れましたがアリカ以外のキャラはモブが敵と割り切ったのが正しい判断だったと思います(stsを見てると余計に)
仮にアリカ以外で因縁フラグを立てていたとしても邪魔になっただけじゃないかなと。もちろん対モブ戦でもちゃんと工夫がされているからこそ言えるわけなんですがw


で、その工夫ですがまず脚本部分ならなのはさん(打ち消し)頭領と愉快な仲間達のように絶体絶命のピンチを救うオイシイ場面を用意したりとかシズルとハルカのタッグ戦なんかが代表的です。
そして吉野の良さが最も発揮されたであろうキャラ的な見せ場だとマリアの若返りネタからマキマキまでこれでもか、という程はっちゃけてます。(戦闘シーンじゃないけど「絶対エッチさせてやんないbyサラ」も凄かったw)
短い尺の中でインパクトを出させたら吉野は間違いなくトップクラスでしょうね。良い意味でも悪い意味でも(オナニーナとかオナニーナとかオナニーナとかw)


脚本以外での部分、絵的な派手さではやはり舞衣が群を抜いてますね。
嵐を止める時に1人だけ特殊グラだったのを見た時は吹きましたw
OPの使い回しですが、敵を一気に殲滅した演出も派手でしたね。


対するstsの方はA'sの手法(キャラ同士の絡みを前面に押し出した燃え)をstsでも取ったのが間違いでしょう。このテの手法はA'sのように登場人物の数が限られていれば問題ないのですがキャラの数が多くなるとどうしてもテンポが悪くなりがちです。実際A'sでも最終決戦の時は色々と変則的でしたからね。
…結局こちらでも“核の不在”と“取捨選択の下手さ”が足を引っ張ってるわけなんですよ。まぁstsの場合はテンポ以前の問題で、どう考えても描写(尺)が足りてないんですが。
足りてない上に描写する内容の取捨選択も下手ではどうしようもないです。


あと、しいて言うなれば掻きまわしてくれる存在(敵)が欲しかった。舞乙でいうトモエのような存在が1人いればまた色々と違ったと思いますので。
・・・え? クワットロ? 彼女はポッと出の割には良かったと思いますが所詮その程度かと。


 

【総括】
こう言っちゃなんですが舞乙はstsとは“格が違うな”と。
正直、途中から比較するのは気がひけてた(だってどうみても比較じゃなくて舞乙べた褒めレビュー)んですが舞乙のレビューも兼ねてると考えればいいかと自分を無理やり納得させましたw
実際このレビューをしたおかげで「リタルタイムの時は何故イマイチと感じたのか?」の理由も分かりましたしね。
アリカのワントップ作品なのにアリカというキャラクターを色眼鏡で見て無意識の内に(主人公に)舞衣(的要素)を求めていたら楽しめるのも楽しめない。
だから舞乙という作品がどういう物語なのかをしっかりと冷静に把握さえ出来れば元々、優れた作品なわけですから楽しめて当然なわけで…
先入観、思い込みってホント厄介だなぁと再認識させられたレビューでした。


話を戻します。ここまで述べてきたように舞乙とstsでは全体的に差があるわけなんですが、特にシリーズ構成兼全話脚本という同じ役職である吉野と都築の差は顕著といえるでしょう。
2クール作品の構成を既に経験し12人のHiME+αによる群像劇を見事に書ききった事のある吉野の方に一日の長がありました。
まぁ都築の方も無印→A'sで見事に修正してきた実績があるだけに仮に第4期があったとして、それが2クールであればどう立て直してくるのかなという興味はあるんですが…
3期がこのデキだと難しいかな?
・・・まぁDVDとかの売上次第でしょうけど。



とまぁレビューをしてみたんですが何かデジャヴ感じるんだよなぁ…
取捨選択の下手さとか核の不在とか。


あ、ガンダムSEED DESTENYだΣ(゜Д゜)!!


あれも取捨選択を失敗した挙句、核不在という事態になって結局にっちもさっちもいかなくなりダメダメになった最低最悪の例です。
ファン(肯定派)とアンチ(否定派)で『お前ら本当に同じアニメを見てるのかよ』というぐらい意見が真っ二つなのも同じですし。


まぁアレと比べるとstsは可愛いもんですがw
しかしこう考えてみるとstsは舞乙と種死の中間に位置してるとも考えられるわけで種死も含めた三作での比較という形にしても面白かったかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/68-2c64ff3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。