飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不条理(コードギアス22話)

コードギアス22話ですが一言で表すなら、

不条理


としか言いようがありません。
理不尽といってもいいでしょうね。



今日のレビューは、
『コードギアス反逆のルルーシュ22話』です。

 


【コードギアス反逆のルルーシュ22話】
物語の出来の良さと面白さは必ずしも比例するわけじゃないというのを、痛いほど感じた22話でした。


今回はメイン(というか1番インパクトのあった場面)を先にやって、その後に気になった箇所を箇条書きという形式でいきます。



○ルルーシュの“うっかり”が招いた悲劇
どういうタイトルをつけるか悩んだのですが、悲劇の始まりであり、かつルルーシュの代名詞でもある“うっかり”が相応しいかな、と。

今回ルルーシュのうっかり─失言─がユーフェミアにギアスをかけ、惨劇を招いたわけですが以前までの、ユフィ(とスザク)に大して思い入れの無かった私なら『伏線を活かした非常に面白い回だった』と評していたでしょう。

実際、22話は出来自体は非常に良いです。
マオ編で張られたギアス能力の強化(制御不能)フラグを回収し、常々指摘されてきたルルーシュの調子に乗る(口で失敗する)癖もルルーシュ自身に跳ね返ってくるという抜け目の無さ。これは自業自得とまではいいませんがルルーシュの甘さ、未熟さを表すには格好の展開ですからね。


でもユフィ(スザク)を気に入ってしまった私には受け入れられません。理屈では分かっています。でも何故ルルーシュの“うっかり”なんかで、ユフィがスザクが残酷な目にあわないといけないんですか。泣きたいのはユフィの方でしょうに…

ただ、ユフィを己の手で殺そうとする事で、一応のケジメをつけようとしたルルーシュの姿勢は評価出来ると思います。過ぎてしまった事は取り戻す事もやり直す事も出来ない。だからこそ、なってしまった状況の中で何とかしないといけませんからね。



『谷口アニメの女は男の引き立て役にすぎない』
ネットサーフィンしてる時にふと見かけたこの意見が、
初めて私の中でも現実味をおびてきましたよ。


 


さて、恒例の箇条書きですが…気力が萎えた(==;)
いつもの私なら、
『ギアスが暴走し始めたルルーシュの傍にいられるのはC.C.だけ。という事は常にサングラスをかけてC.C.だけ見ていて、他の男に取られそうになったらチェーンソー持ち出してきて、コンパクトに(ry)とか言い出すルルーシュマダー??』などと暴走するんですが今回は色んな意味で無理っぽいので、厳選して気になった所だけ簡潔に済ませたいと思います。


・ダールトン撃たれる
ダールトンー!!・゚・(つД`)・゚・
ユフィといい何故、気に入ったキャラばかり不幸になるorz
恐らくギアスをかけられていると思うんですが、コーネリアを撃つのはないと信じたい。ルルーシュの目的が変わるというのは早い段階から示唆されてきただけに尚更。

さて話は少し変わってユフィがダールトンを撃ったわけなんですが、命令は『日本人を虐殺しろ』だったにも関わらずブリタニア人であるダールトンが撃たれたのは邪魔する者も殺せという拡大解釈が為されたという事でいいのかな?
個人的には電王のイマジンが願いを勝手な解釈するのと似たような感じで捉えているのですが…

・扇の脳内はピンク色
恐らく視聴者の大半は、

こ れ 、 な ん て エ ロ ゲ ?


と思ったであろう今回ですが私は少し意外でした。
というのも扇の場合、まずゼロを心のどこかで信じられない、いわゆる一種の不信感があって、それらが表に出てくるキッカケがヴィレッタなんだろうと思っていましたから。
しかし22話を見る限りではヴィレッタとの幸せな妄想(?)で脳内がピンク色になっているとしか思えず、ゼロへの不信感など微塵も感じられません。

・神楽耶はどう絡んでくる?
家の格だけ云々という台詞があったので、ゼロとの政略結婚という展開もあるかもしれないなと思ったり。
実際両者にメリットがありますし、何かと種に喧嘩をふっかける展開の多い(何)コードギアスなだけになおさらw

その神楽耶のCVはかないみかだったんですが、
どう聞いても沙都子@ひぐらしです、本当に(ry
だったのは残念。
でも芸暦の長い人なのでこれからに期待。

・若本皇帝が喋ったよ!
しかし相変わらず何も分からないw
でも今回で皇帝=ルルーシュという線は無くなったので一安心。ただ何にせよ若本皇帝はどうにても動かせるだけに楽しみでもあり、不安でもありますね。

・スザクにギアス能力者フラグktkr
スザクが見た、ガウェインの傍に浮かんだ人影ですがC.C.説とV.V.(遺跡にいた怪しげな少年の事)説で分かれてますね。ただ、どちらにせよスザクがギアスと関連あるのは揺るぎないので、今後が気になる所です。

ちなみに私の予想は『既に契約してる』です。
あの化け物じみた身体能力こそがギアス能力なんじゃないかな、と。契約した事を覚えていないのは一種の記憶障害とでもいっておけばOKですしw


 


【コードギアス総評22話】
しつこいようですが、もう1度いいます。
話の出来自体は非常に良いです。
でも、それと面白いと感じるかどうかは別問題であり、私は初めて見終わった後の“あのやりきれない思い”を受け入れる事は出来ません。

たとえこれら全てが谷口大河内の掌の上で踊らされてるに過ぎないとしても、こういう踊らされ方は勘弁して欲しいです。

スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
ユフィの悲劇
いやぁ、「何故、普通なら日常生活で使わない様な『日本人を殺せ』がうっかり口をついて出るのか?」と言う考察はウチのブログで書いた通りですが、うっかりはうっかりな訳で…そんな事で好きなキャラが死ぬのはたまらないと言う心情はお察しします。

私も、20話でユフィの評価が高まったクチでして、彼女はこの作品においてルルーシュに次いで思い入れのあるキャラです。
しかし、私としてはキャラが幸せかどうかと言うよりも、キャラの作中での扱いを重視しているので、好きなキャラが酷い不幸を押し付けられた事よりも、「自分を曲げる事無くルルーシュに勝つ→偶発的な事故で、一転して理不尽な悲劇に翻弄される」と言う展開、「日本人を名乗る皆さん!お願いがあります、死んでいただけないでしょうか?」「えっと…自殺して欲しかったんですが、駄目ですか?」の演出、そしてルルの駄目ぶり(笑)、どれもが非常に印象的で「良い扱い」だった事で、ユフィの退場劇としては大満足でした。
正直、期待を遥かに上回っています。

でも、キャラデザにCLAMPを使うなど、キャラ萌え的な事も狙った作品である以上、評価が分かれるのも当然。
難しいところですね。

> 黒川さんも同じ悩みがあるとは意外です
あ、レビューに関しては、他人は他人、自分は自分でスパッと作品を評価してます。
が、自分の作品に関して他人の評価を無視ではただのオナニーナので(^_^A
私が作っているSRCのガンダムシナリオ(http://kurokawamakoto.hp.infoseek.co.jp/index.files/SRC.htm)ですが、アクセス数やダウンロード数に比べて反応が薄い…と言うか、感想述べてくれる人が少ないってのが orz
一応、少ない感想は私のシナリオを評価してくれているものが殆どなのですが、感想自体少ない上に、「ここが嫌だ」と言った指摘の方が参考になるので、そっちが欲しいんですけどねぇ…
そう言った指摘で難易度を下げたりした訳ですし。

2007/03/25(日) 21:11:42 | URL | 黒川 #90LdKUd6[ 編集]
Re:黒川さん
コメントの返事が遅くなりすいませんm(_ _)m

>ユフィ関連
いわゆるキャラ萌えが私の中で大きなウエイトを占めているのは揺るぎない事実なので、黒川さんの仰る事はおおまか当たっていると思います。

ただ、『自業自得』『因果応報』的な要素(お互い様でも可)があれば、私の感じ方も変わっていたのかな、という気はします。
まぁ単に私がその手の展開が好みというだけですがw
2007/04/15(日) 20:09:50 | URL | 比呂飛鳥 #iDmr169I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/61-355ddb04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
コードギアス 反逆のルルーシュ 3ブリタニア初となる行政特区日本の立ち上げが、ユーフェミアの発表により決定した。そして、その記念式典が行われる。だが、そこにガヴェインに乗り込んだゼロが現われた・・・。
2007/03/24(土) 21:32:13 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 18 / 萌え評価 16 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 56 / お色気評価 8 / 総合評価 23レビュー数 465 件 ユーフェミアの発案で、行政特区の立ち上げが決定した。驚喜するイレヴンたち。その記念式典にガヴェインで登場するゼロ。ゼロとして、そして兄
2007/08/17(金) 17:18:26 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。