飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出来れば見たくないモノ(&コードギアス19話)

出来る事なら見るのを避けたいものってのは何かしらあると思いますが、私は声優や脚本家、監督は勘弁して貰いたいです。

だってね、ぶっちゃけ

イ メ ー ジ 壊 れ ま す よ ?


シンディを初めて見た時なんか覚悟が出来てなかっただけに悲惨でしたね。一週間は寝込みましたよ(大嘘)

ビ バ 西 川 の お か ん !


…その後はあの時の教訓を活かして前評判などを確認して、覚悟を決めてから見るようにしてますw

例えば緑川や檜山あたりは前評判が凄かったので、かなり覚悟を決めてから見たんですが想像してたのよりはマシ(何)で一安心(オイ)



対する脚本家や監督だと井上敏樹や谷口吾郎はイメージ通りで逆に驚きましたね。勿論、完全にイメージ通りではありませんが予想していたのと大差ないな、と。
逆に會川はそこら辺にいそうな普通のオッサンで、アニメージュで井上と対談してるんですが同業者とは思えないほど雰囲気が違います(まぁこの場合、特異なのが井上や谷口だとは思うんですがw)

で、その対談なんですが内容は非常に興味深いものでしたね。
井上や會川の脚本に対する心構えみたいなものが分かって面白かったですし。でも今回はそれは置いといてまた別の機会にでも…
その対談の中で井上が『特撮をやる』と明言しているんですが、今からそれがもう楽しみで楽しみで☆
あと電王への参加も既定路線っぽいので楽しみだw

流 石、自 称 東 映 の 用 心 棒 !


今日のテーマは、
『コードギアス反逆のルルーシュ19話』です。 

 


【コードギアス反逆のルルーシュ19話】

こ れ 、 な ん て 種 2 4 話 ?

と思った人が多くいるであろう今回。
ここまでくると谷口は福田に女でも寝取られたのかと玉城のような邪推をしてしまうんですが…嫁がアレだしなぁw

・・・はっ! そうか、保志を巡る争いなら(ry


冗談はこれぐらいにして毎度、恒例の箇条書きで。
ルルユフィとスザカレについては別枠で。


・おなごを容赦なく背負い投げするスザク
スザクがどうこうというよりも脚本・演出レベルの問題として、どうにかならなかったのかな、と。スザクが化物じみた身体能力なのは既に明らかなんですし、背負い投げという大技使わなくとも普通に拘束出来たと思うんですよ。やっぱり砂地(?)に叩きつけるってのはイメージ的に良くありませんしね。

まぁそれを言うなら『非常事態なのに呑気に水浴びしてるカレンは何なんだ』って事になるんですがw

・シュナイゼルはモロにタカミチ@ネギま
良くも悪くも予想通りでした。
今回はシュナイゼルの出番が全体的にショボかったというか、
どうみてもご都合主義です、本当に(ry
ってな感じで不遇だったので評価は保留します。

ただイメージとしては前評判通りというか予想通りでした。
ルルーシュの進化型(完成型)で飴と鞭を使い分けられる。
状況によっては犠牲も致し方ないという割りきりもある。
そして部下へのフォローもちゃんと忘れない。

手強いという感じよりも『したたか』といった所でしょうか。

・セシルさんカッコいいよセシルさん
セシルさんはロイドだからこそ、偉い人であっても容赦なく言えるのかと思っていたんですが元から芯の強い人のようですね。
あっさりと懐柔されてるのはご愛嬌という事でw

・女の勘は恐ろしや
またもや口で失敗するゼロ=ルルーシュさん。
策士とは思えないほどの迂闊っぷりですね…

・マリアンヌはコーネリアの憧れだった
どうやらマリアンヌもKMF乗りだったそうですね。
・・・あれ? って事は若本皇帝はパイロットに手をつけたのか!
・・・ん? って事はその息子であるルルもカレンを(ry

・策士なのに肉体労働をしようとするルルーシュさん
罠を作ろうという発想は認めるけど肉体労働派じゃないんだから最初から果物に狙いをつけときゃいいのに…
でも、こういう迂闊さは嫌いじゃないですw

・中間管理職はストレスが一杯♪
扇の事を考えれば『♪』なんて本当は付けられないんですがw
冗談抜きに扇は大変ですよね。黒の騎士団はディートハルトが言うようにゼロあっての組織なわけで、核たる存在が居なくなるだけで揺らいでしまう。しかも今回を見ても分かるように幹部級も一枚岩じゃないってレベルじゃねーぞって感じですし。
しかも挙句の果てには謎の女まで出てくる始末。
そんな状況で素早く譲歩案を出した扇は凄いと思います。

ディートハルトと藤堂の口論ですが個人的にはディートハルト派ですね。理由は作中で語られてるようにゼロあっての組織だから。ゼロが居なくなったら遅かれ早かれ潰れますよ、絶対。それにこれまたディートハルトの台詞ですが『1人の命が億の民より重い』ってのも常識ですしね。

とにかく扇さんの心労をお察しします。

・黒の騎士団でC.C.が愛人扱いされてるのがマジだった件
皆がネット上で愛人愛人と囃したてるから公式でも愛人認定されちゃったよΣ(゜д゜)!!   ・・・まぁ私もその1人なんですが。

確かにゼロは仮面つけて素性を明らかにしない事からも分かるように、近寄りがたい存在なのにイキナリ連れてきた女を『大切な仲間だ』とか言って傍に置いてりゃねぇ…

どうみても愛人です、本当に(ry

になるのも当然っちゃ当然か。

しかしC.C.のマジギレには驚くと同時に萌えました。
愛人と言われて怒るって事は、それだけルルーシュとの関係をC.C.が大事に思ってる何よりの証拠ですからね。あと全体的に苛ついていたのも黒の騎士団の話に首を突っ込んだのもルルーシュを心配してたから(=いつもとは違う)なのかなと妄想もしてみたりw

ただルルを言葉責めする時のようなSっ気たっぷりな感じで玉城を言葉責めするC.C.も見てみたかった気もしますがw

・C.C.の通信相手が判明
あの怪しげな謎の少年(?)とみるのが妥当でしょうね。
ここで気になるのが通信相手=『やっと呼んでくれたね』の相手なのかどうかという事。C.C.の口調を見る限り違う気はしますがC.C.はツンデレだからなぁ…それこそ心の声っていう可能性もあるわけですし。

まぁ個人的には違う方を期待します。

・ミステリー~カレンはどうやって食べたのか~
見た所、腕は拘束されたまま魚を食べたカレン。この場合、気になるのは『カレンがどのようにして食べた』のかという事。

も、もしかしてアレか。アレなのか?

はい、あ~ん

って奴なのか!?  スザクめ実に羨ましいけしからん奴だ!

とにかく犬食いだけは勘弁して下さいorz

・若本皇帝は遺跡にご執心
なんか、よくある展開になってきたなぁ…
世界に侵攻をかける大国の裏の目的は遺跡ってベタすぎ。
まぁそんな事よりも気になるのは、
①あの遺跡とブリタニア皇族に関連はあるのか
②C.C.と若本皇帝(マリアンヌ)に接点はあるのか
の2点ぐらいかな。とにかく情報が少なすぎるんで様子見。

・愕然としてるズザク
地面が落ちてから愕然としているスザク。
もしかしてスザクもギアス関連と関係あるのか?
スザクは伏線ありすぎな気がしてきた。

・噂のガウェイン
『ありがたい、無人のうえに起動もしているとは』
もうね、ご都合主義と切り捨てるかブリタリア迂闊すぎだろと突っ込むに留めておくか、もの凄く悩みました。悩んだ末に両方、書いちまえと。

さて、噂のガウェインですが結構、早い段階からネタバレとして流れていたのですが、何でも複座式って事で女キャラの派閥同士で地味に争いが繰り広げられていたのですがC.C.という事で収まりそうですね。ご丁寧にKMF操縦訓練という、これ以上ない伏線まではってましたしw

で、C.C.ヲタの私の見解としては『乗る事が決まれば嬉しいけど違っても特にショックはない』です。嬉しい理由は単純に出番が増えるから。今までは“量より質”といえば聞こえはいいですが、とにかく出番が少なかった。戦闘パートに参加出来れば必然的に出番は確保出来ますからね。
後は、やっぱり複座の魔力は大きいですよw
狭い空間に2人っきりで共同作業。正しく一心同体。
これらは萌えの観点から言えば非常に魅力的ですからね。

対するショックがない理由はC.C.のイメージの問題。
今までがそうだったせいもありますがC.C.は直接、戦闘に参加するというよりも影(?)で見守りつつ、危なくなったら助けにくるという一種の固定観念みたいなのがあるのも事実ですから。

しかしカレンもガウェインに乗せてあげればいいのに…
今回のような状況だと危ないし、逆に不自然ですしね。

・バトレー復活
書くの忘れる所でした(酷ッ)
地味でオレンジにハメられた印象しかないんですよね。
今後の活躍に…期待するのも無意味か。

・消え失せろ→武器は未完成か!
どうみてもコントです、本当に(ry

これに限らず全体的にツッコミ所が多すぎる。
『どうみても○○です、本当に(ry)』 『ってレベルじゃねーぞ』
この2つを使いたくなる気持ちをどれだけ抑えたか…

・紅蓮弐式は回収済み
スザクinランストットは化物だから無事なのは分かる。
でも、あの状況で二機がかりとはいえ回収出来たってのは、
流石に無理がありすぎると思うよ?

・スザクにギアスを
ルルーシュは後悔してるようですが、どうせスザク相手には使えなかった事を考えると『生きろ』という前向きな命令で使ったのは“ルルーシュ”にとっては幸運だったと思いますね。下手に使わずとっておくと、それはそれで悩む事になりますし。

ただ“ゼロ”にとっては切り札を使ってしまったのは勿体無い。
まぁでも状況が状況でしたから仕方ないですね。

・命令違反
スザクは正に踏んだり蹴ったり。
自分の意思じゃないのに…不憫すぎる(つд`)

・九州侵攻
これは黒の騎士団との連携なのか否なのか気になる所。
状況的には後者っぽいけど最近のコードギアスはツッコミ所が多いだけに前者であっても何ら不思議はないですね。
以前C.C.が交渉に失敗したのも関係ある?



さて今回の話のメインといってもいい2つに移ります。
○スザク&カレン
敵同士、もっというなればエースパイロット同士が始めて向き合った今回なんですが結局、何がやりたかったんでしょうか?
お互いを認めたわけでもなく、2人は相容れないんだというのを再認識しただけ。かといって本気で戦う、殺しあう覚悟を決めたわけでもない。この程度の内容にわざわざ残り少ない貴重な尺を使う意味はあったのか…理解に苦しみます。

じゃあ『キャラに感情移入(共感)できるか?』といえばそれもない。
カレンの場合だとナオトが何を思ってたのか、スザクの場合も親父が何を思って徹底抗戦を訴えたのか、視聴者には全く知らされてないわけですよ。こんな状態で2人にとっての(肉親の)過去の思い出を語らして対比されても『あぁそうですか』としか思えない。
唯一いいと思えたのはスザクの『みっともなく足掻いて、生きる意味を探し求める。醜いな俺は』という台詞ぐらいですね。

まぁ谷口ですから間違っても
『その後は完全スルーだったのに宇宙に上がった途端に思い出したかのようにフラグ発動させて、地球をバックにキスして、その挙句に「君は俺が守る」とか言っちゃたくせに女のピンチを救ったのは顔に傷のある関智声のキャラだった』
なんて展開はないと思うので、そういう意味では安心してますw

○ルルーシュ&ユーフェミア
コードギアスという作品はルルーシュの過去、未来、そして現実の物語なんですが今回は過去にあたる話ですね。
過去を思い出し懐かしみつつも現在を、そして未来を生きる為には戦わないといけないというルルーシュサイドでみれば非常に分かり易い内容だったと思います。ただルルも覚悟は出来てませんがルルーシュというキャラ自体、覚悟を決めてた方が珍しいので諦めました(オイ)
それにルルーシュは主人公ですので覚悟を決めなきゃならないエピソードってのは遅かれ早かれくると思いますしね。

対するユーフェミアはルルーシュ云々以前に甘さや未熟さが非常に目立ちますね(当然、意図されてのものですが)
だからこそ未熟なだけでない、芯の強さ的な部分を見せても面白かったんじゃないかな。既に『皇帝になる』的な大口叩いてますし、ここらで大器の片鱗でも見せとかないと悪いイメージが固定してしまいそうですしね。



【コードギアス19話総評】
メインであるルルユフィ・スザカレを筆頭に展開の為の展開、伏線の為の伏線という感じで全体的に消化不良。中盤ならいざ知らず、終盤にさしかかってきた19話でこういう回を持ってくるのは余り賢い選択とは思えない。仮に変則4クールだからという理由なら、早々にその旨を発表すべきですしね。

ツッコミ所もかなり増えてきましたし立てなおしに期待します。

スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
メイン
え、今回のメインは、作品の中枢でありそうな島の遺跡と帝国の成り立ち、そして、それらとCCの関係の複線じゃなく、ルルユフィ・スザカレなんですかw

> マリアンヌもKMF乗り
ナイトメアって10年以内ぐらいの最近完成した新兵器だとばかり思ってました(^_^A
そういった未知の最新鋭兵器に対する戦い方が確立していなかったから、日本との緒戦で帝国が圧倒し、本格的な交戦に入る前に即時講和(ゲンブの死亡後、議会で講和が早期に決まったのも、緒戦が絶望的敗退だったからかと)と言った流れだと思ってましたが…
ルルーシュが生まれる前から存在した兵器なら、何故対日線以前にナイトメアが使われなかったのかとか謎ですね…それとも、ああ見えて暗殺されるまでパイロット続けてた?

> ガウェインは複座式
すみません、土曜日までガウェインの存在を全く知りませんでした…19話を見たの昨夜だし(^_^A
マリアンヌの事と言い、事前情報に疎いので助かります。
戦場に無理なくC.C.を出す為の策でしょうが、リアリティを殺しても「C.C.は神出鬼没」と言うキャラを貫いて良かった様な気もします。
さて、ガウェインといえばランスロットと互角とも言える騎士ですが、伝説ではガウェインはランスロットに負けて、その時の傷が癒えぬまま別の敵と戦って死んでるんだよなぁ…
2007/03/06(火) 00:37:05 | URL | 黒川 #90LdKUd6[ 編集]
Re:黒川さん
>メインは何?
実はこれに関しては悩みました。
だから『といってもいい』という表現でお茶を濁しましたしw

ただ、ネット上での反響やメルマガでの河口Pの『オススメポイント』を見る限りでは私がレビューで挙げたのがメイン扱いになっていたので、そちらをメインにしました。

吉野脚本になると、どうもメインというか伝えたい事が明確になってない気がしてならないです。

>マリアンヌ
私もよく把握してなかったみたいで厳密には、
『開発段階のKMFのテストパイロット』
だったそうです。
ですからナイトメアの初の実戦投入が日本戦でも何ら問題ありませんし、いつまで現役だったかも分かりません。

表現は悪いですが、どうとでも解釈(=展開)出来る使い勝手のいい設定だと思いますねw

>C.C.がKMFに乗る是非
難しい所だと思いますね。
実際C.C.ヲタの間でも意見分かれてますし。

まぁ逆(?)を言えば乗るなら乗るで今までのイメージを喰ってしまえるぐらい良い描写があれば丸く収まるでしょうw

>ガウェイン
ランスロットとの件は有名ですよね。
私は『ガウェイン卿と緑の騎士』の方が先に浮かんだ(C.C.の髪が緑だしw)のですが、それらをコードギアスの物語にも取り入れてくるのか気になる所です。
2007/03/07(水) 23:00:46 | URL | 比呂飛鳥 #iDmr169I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/58-2c0137d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。