飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス16話

ハーレムハーレムとよく言われるコードギアスですが、
遂にこんなMADが作られましたw

でも冗談抜きにコードギアスのギャルゲー(乙女ゲーでも可)が出たら買いますよ?
ちなみにギャルゲーなら老舗のコナミ、
乙女ゲーなら実績抜群のコーエー希望。

あ、でも乙女ゲーは男キャラの人数的にキツイか?
ルルーシュとスザクはガチとしても他のメンツが難しい…

対するギャルゲの場合だとルルとスザクの主人公。
学園パートと戦闘パートの二部構成でルルの場合はゼロ、スザクの場合はランスロットのパイロットとしての活躍が物語を左右する。
まずルルサイドのヒロインは、
C.C.
ルルサイドのメインヒロインだが難易度が高く攻略が難しい。
しかし攻略出来た時のカタルシスは最高級。

カレン
学園ではツン、黒の騎士団ではデレという新感覚ツンデレ!
またカレンの好感度が低いとゼロパートでの苦戦必至。

シャーリー
いわゆる“悲劇の”ヒロイン。
全ルート中最多の死亡フラグから逃げ切れるか─

ミレイ
いわゆる幼馴染ルート。
近すぎるが故に気付けない、その壁を乗り越えろ。

ナナリー
いわゆる兄妹ルート。妹を守る為に兄は奮闘する。

次にスザクサイドのヒロインは、
ナナリー
幼馴染でメインヒロインという王道中の王道。
だが運命の悪戯が二人に襲い掛かる。

ユーフェミア
騎士となり姫を守る、というこちらも王道ルート。
ナナリーとのWメインヒロイン(東鳩2のイメージで)

セシル
いわゆる“お姉さん”キャラ。
ジャムオニギリに立ち向かえ(笑)

コーネリア
スザクサイドで最高の攻略難易度をほこる。
だが高い壁を乗り越えれば姉妹丼が(ry

ヴィレッタや神楽耶それにラクシャータあたりは絡ませ方が思いつかなかったのでパス。ちなみに欲をいえばEDはトゥルーとグッドの2つは欲しい所。あとルルサイドにはハーレムEDがあっても面白いかもw


さて与太話が長くなりましたが今日のレビューは、
『コードギアス反逆のルルーシュ16話』です。

 


【コードギアス反逆のルルーシュ16話】
スザクが予想通りで、そういう意味ではビックリしましたw
谷口監督って意外(?)と王道好きですよね。



・ディートハルトが参謀に
扇が女とイチャついてる間にディーは着実に昇格。
まぁ扇以外のメンツを考えれば当然ですかね。

・C.C.が使者に
ち ょ っ と 待 て !
この場合の使者は黒の騎士団としてのですよね?
それを自分の女にやらせるってのは反感食らうだけなんじゃ…
まぁ幹部クラスにも秘密の行動だとすれば問題ありませんが。

しかしルルはホントC.C.に頼りますねぇ。
そりゃ必死になって引き止めるわけですよ

・子供の頃のルル、ナナリー、スザク
この場面はスザナナの伏線であると同時に、
この後の親父殺しの前振りと見るのが妥当でしょうね。
端的に言ってしまえば優しい子と印象付ける為でしょう。

・『教えたら泣くだろ』byルル
リヴァル→ミレイは公然の秘密っぽいですね。
ここまで背景かつ空気なリヴァルに見せ場はあるのか?

しかしルル→ミレイはホントに無いっぽいですね。

・見合いがマジできたw
しかしミレイさんのあの服装はどうよ?
大人なキャラなんだし、もう少し大人びた服装の方が似合うと思うんだけど…あ、C.C.のゴスロリと同じでウケ狙いか? 

しかし今回も特に進展は無かったんですよねぇ…
セシルさんが何か反応してくれるかなと期待してたんですが、
無反応でしたし何より当人達の反応自体がギャグっぽかった。
ですから判断はまだ保留という事で。

・撃てじゃなく殺せにすべきだった
これもルルの甘さを描写してると見て間違いないでしょう。
しかしこの“甘さ”はC.C.への配慮(遠慮)かな?
それ以外にルルがマオに対して甘くなる理由は見当たらないし。

・『関係ないからね私は』byカレン
ゼロでなくルルには依然ツンのままというのを再確認。
ってかスザクはシャーリー→ルル←カレンと思ってたって事か?
スザク視点からみてカレン→ルルな描写ってあったかな…?

ルルが口先だけの(ryというのはリヴァルも同意見のようでw

・オナニーナ救済?
今回イキナリ萌えキャラっぽくなってるニーナ。
アレがあっただけにテコ入れ=救済処置と思うのは深読みか?

・扇さん一応、警戒は怠らず
鍵が3つに監視カメラのオマケ付き。
でも自由にさせてたら意味ないじゃん…ってのは酷か。
しかしヴィレの『ブリタニアが恐い』ってのはどういう事だ?
元は純血派所属のバリバリのブリタニア人のハズだし…
何か出生にでも裏があるのかもしれませんね。

・『女を独り占めしたいってだけのただのガキだよ』byルル
自分の胸に手を当てて考えてみろと小一時間(ry
前回そのガキと女を取り合ったのは誰だと(ry

・『いつもの君ならすぐ気付くのに』byスザク
完全にブラフですねw
これがあったからこそこの後、騙された人は結構いるのでは?

・超人的なキック炸裂
カオルさんと小狼の両方が思い浮かびました。
しかし、これってどうなんだろう?
この後の爆弾解除の前振りとしてスペックの高さを見せとかなきゃいけないのは分かるけど、なんかイキナリ違う作品になったような感じがして個人的には微妙でした。

・百合姉妹
“きょうだい”の仲を心象付ける演出ですね。
となると、そろそろコーネリアは危ないかもしれません。

・チェスで惨めに敗れるルル
これが先述したブラフですね。
妹が関わるとルルらしさがなくなるというブラフがあるだけに、
マジでヘタレたと視聴者すらも欺く事が出来る。
それにルルって基本属性がヘタレですしw

・最高の相棒
策士のルルと最高の“駒”であるスザクのコンビは強い!
負けしらずは伊達じゃないってトコでしょうか。

とまぁスタッフがやろうとしてる事は理解出来るんですがスザクをもう少し人の領域に戻して欲しかった所。三国無双で諸葛亮が千人斬り達成して戦に勝利しても策略で勝ったとは思えないのと理屈としては同じですからね。

・自分にギアスをかける
これは条件付きの一時的な記憶封印ですね。
スザクが突入してきて会話すると記憶が戻る、とでも設定したと考えるべきでしょうか。しかしこれもヴィレッタの件と同じくシャーリーの記憶復活の伏線と見るのは考えすぎかな?

一種の切り札といってもいい“自分へのギアス“を、
心読能力者攻略に活かしたのは個人的には評価高いです。

・お前は黙ってろ!
ルルは相変わらず激情家ですねぇ。
言葉責め(違)されてる親友を見るに耐えずマオを黙らせた。
本人が次回予告で悔やんでいるように情報を引き出す事も、
はたまた確実に抹殺する事も出来たわけで…
感情に流されるのはルルの魅力である事は分かってるけど、
ホントにブリタニアを倒すなら、王の器たらんとするなら、
そろそろ感情を抑える事を覚えて貰いたいですね。

・最期はC.C.の手で─
自分を殺してくれたのがC.C.というのは、
マオにとって唯一の救いだったのかもしれません。

さてそのマオですが作中での役割は私のイメージでは“便利屋”です。今回のスザクの過去といい前回のC.C.&ルルといい、とにかくメイン級キャラの掘り下げや伏線を描き易くする為の存在という感が強いです。ですからマオというキャラ単体で考えた場合は前回そのままフェードアウトしていた方が良かったんじゃないかなと思いますね。
それこそ舞-HiMEでの茜ちゃんみたく作中での役割をハッキリさせつつインパクトのある終わり方が出来たとすれば前回でしょうし。

この辺の意見については色々と聞いてみたいですね。

・『先に逝って待っていろ、Cの世界で』
死の世界ではなくCの世界、だそうです。
このCはやはりC.C.のCと関係しているんでしょうかね。
あとC.C.の願いはやはり死もしくはそれに準ずるものと考えるのが妥当でしょうね。まぁここまでの流れを見ていると死以外は逆に考えられないぐらいなんで当然っちゃ当然ですが。

で、そのC.C.ですがマオに直接、手を下したのは前回のルルの決意を受けてのC.C.なりの覚悟だと思います。
ただ描写の少なさ故に人というか見方によっては、

どうみても悪女です、本当に(ry

になってしまうんじゃないのかなぁ。
今の男が懐いてきたから昔の男を切り捨てたのは事実だし(何)

・親父殺しはスザクだった
展開というかスザクが親父を殺したというのは嫌いじゃないです。
というのも自分が救われたいから行動するという、
一種の“弱さ”を持ってるキャラは結構、好きですから。
ただスザクの抱えている闇というのは物語の序盤から引っ張ってた伏線(直接的な伏線描写は11話が初出でしたが)という事を考えるとアッサリしすぎていて物足りないのも事実です。

次回以降の補足に期待したいんですがマオの例もあるしなぁ…
ちょっとばかり作り手への不信感が出てきたのも事実です。


 


【コードギアス16話総評】
マオ死亡以外、全体的に今後の伏線的な描写が目立ち、
今回で何か進展した事がないのでやはり盛り上がりに欠けます。
しかしルル&スザクVSマオは一応、工夫されていて、それなりに燃える展開だったので全体として見た場合は合格点はつけられるんじゃないでしょうか。

ただ前回のレビューでも述べたようにC.C.とマオの過去についての補足描写があるものだと思っていただけに、それが無かったのはやはり残念ですし何故、描写しなかったのか理解にも苦しむ所です。
C.C.の契約内容を引っ張るのは仕方なくてもC.C.が何故マオにギアス能力を与えたのかは描写しても問題ないですし逆に描写がないといけない、無いのはおかしい事だと思うんですが…

どうも2クールに突入して以降、全体的にツッコミ所が目立つようになってきたのでそろそろ修正して貰いたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/55-458c84a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。