飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス13話

何か物足りない。
今でも他の大多数のアニメより面白いというのも重々承知してる。
でも膨らんだ期待を制御する事も出来なくて──

しかも運が悪い事に満足出来なくなった2話分は共に違う脚本家。
描くテーマ的が難しいというのも分かってる。
吉野の能力も高く評価してる。
でも『もし大河内が書いてたらどうなってたんだろう?』という夢想を切り捨てる事も出来なくて──



何故かポエム調になってしまいましたが、
私の率直な、一番純粋な感想がこれです。
入れ込み過ぎはやはり両刃の剣ですね(==;)
上手くいってる間はいいが歯車が狂い出すと期待感の大きさ故に逆に物足りなくなってしまう…難しい問題です。


というわけで今日のテーマは、
『コードギアス反逆のルルーシュ13話』
のレビューです。

 


【コードギアス13話】
2クール目突入という事でOPED共に変更・・・なんですが、この程度なら以前のままで良かった。OPED共に使いまわしが多いし何より本編の作画レベルが落ちてきてるというのが痛い所。
まぁスポンサーとの兼ね合いなんでしょうけどね(==;)
というわけで、まずはOPEDの感想から。


OP ジン「解読不能」
何と言うか曲名通りの歌ですね。まず歌詞が解読不能!
そして何より致命的なのが盛り上がりに欠ける事。
アニメのOPに使われるような曲というのは大抵、盛り上がる箇所がいくつがあってスタッフはそれに合わせるように絵を配置する事で1つの作品として完成させるわけなんですが…
曲自体に盛り上がりがなければどうしようもない(==;)
というか昔、作った曲の使いまわしもどきという時点でもうね(ry

気を取り直してOPの絵の話題を箇条書きで。

・スザユフィは鉄板なのか?
スザクがメッチャ微笑んでますw
ルルーシュのハーレムばかりが話題になりますが最終的に良い伴侶(パートナー)を得るのはスザクなのかも。
ルルの方は『王の力はお前を孤独にする』とフラグ立ってるし。

・C.C. in 神殿
若本皇帝が亡きクロヴィスと会話(?)してた場所と同じ?
となると皇族と昔から関係があった?
C.C.の昔の男(ぇ)が若かりし頃の若本皇帝とかいうオチは嫌だなぁ 

・ヴィレッタにデジャヴ
最初は気付かなかったのですがネットで意見を発見。

こずえ@無限のリヴァイアスだ Σ(゜Д゜)!!

…ん? 待てよ。という事はヴィレッタもマワs(ry

・囚人(?)写真
以前からありましたがこれはどういう意味があるのか?
意味深に入れてあるだけに気になりますw

・カレン専用パイロットスーツ
エ ー ス  は そ れ に 相 応 し い パ イ ス ー を 着 る べ き
という物語のお約束(?)を守ってますw

・ナナリー&沙世子 in 神殿
これまたC.C.と同じように似た神殿に居ます。
しかも思わせぶりに曇る描写のオマケ付きで。
沙世子の方は黒の騎士団にも参加するみたいだし、
ナナリーも沙世子も一筋縄ではいきそうにないです。

エールストライカーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
アレックスならぬスザックス(誰)といいピンク髪の不思議娘といい、これでもかってぐらい挑発してますね(笑)
しかしランスロットをこれ以上、強化しても物語の都合でいえば良い事なしだと思うんだけどなぁ…既に某自由並ですし(オイ)


ED  SunSet Swish「モザイクカケラ」
曲自体は非常に無難。しかし前述したように本編に支障が出るぐらいなら変更はいらない。アリプロも並以上はありましたし。
ただこのように曲以外の面で評価を下げてるのにはちと同情。

絵の方ですが新規に関していえば、

・ルル、ナナリー、マリアンヌのある日
・C.C.が自身の回想シーンにあった湖畔に居る
・ギルフォードとダールトンのウホッ(何)
・ロイド、セシル、ラクシャータのある日
・会長、シャーリー、ニーナ、リヴァルの猫コスプレ

と全て過去(と思われる頃)の絵なんですよね。
ただEDに関してはどこまで信じていいか微妙なのが…
オレンジとヴィレッタの一枚絵がいい例で、余り意味はないか?



ん~やっぱキャプれないのは辛い
特に今回のようにOPEDに関しての事だとキャプれたら、
それだけで労力・時間ともに半分で済んだんだろうなぁ…

さて、本編に入る前に次回予告についても少々。
ついに一枚絵オンリー。
現場はかなりキツイ状況っていう噂は本当っぽいですね。
なんでも制作進行がかなりの無能だそうで…



では、やっと本題! 
・・・なんですが最初に言ったようにイマイチ盛り上がらなかった事
OPEDのレビューに力を使いすぎた(ぇ)事
この2点を理由に本編の感想は全て箇条書きで。
前回のようにテーマが云々は極力なしの方向でいきます。


・埋めないであげて
シャーリー母のこの台詞からシャーリーが父を回想するシーンまでの流れは上手いと思います。鬱描写は流石吉野といった所か。
あとシャーリー父の『真剣に愛してくれるなら』という台詞の後にルルを映した演出はどういう意図なのか、深いです。

・会長いい女だよ会長
空気の読めないメンツが多い生徒会なだけに良さが際立つ。
もし自分が付き合うなら間違いなく会長を選ぶ(´Д`*)ハァハァ

間違ったやり方で手にいれた結果に意味はない
この台詞を言った“当事者”であるスザクは後述します。
今回はシャーリー。自分でも分かってはいる模様。
ただ、あの去り方じゃ説得力ねぇ…いや本当は分かってる。あの手の描写をする事で自覚してる事だけでなく、強さやいじらしさを魅せようとしてるのは分かってるんだけど心には響いて来ないんだよなぁ…中の人が(私と)合わないのか?

・ピザハット
変なぬいぐるみキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
これをネタにイラスト描いてる人もいたけど本編でもやるとはw
しかし本編でこれだけ出してるにも関わらずキャンペーンがショボい
何か貰えるのかと思って調べてみたらPC壁紙と抽選権だけ…
(他社だけど)ヨソ様の時はマグネットとかあったのに(==;)

ど う て い ぼ う や
やりたくなかったんですが他に萌えネタがないので仕方なく。
ただ、やると決めた以上はやり通してみせますよ(笑)
ちなみに最初は『道程ほうや』に聞こえて「道程ほうや? 何のことだ?」と頭の中がクエスチョンマークで一杯だったんですがネットを見る限りでは『童貞坊や』だそうでw

でもさぁ・・・

童 貞 に 童 貞 っ て 言 っ た ら 確 実 に 傷 つ く よ ?

実際ルルーシュは物凄くショック受けてたし(違)
でもその後に筆下ろししてあげたからいいのか。ルルがシャワー浴びてたのもC.C.が放心気味だったのもそれが理由だったんだな!でも初めてで放心させるなんて皇族は凡人とはモノがちが(ry

・ルルを厳しく叱咤するC.C.姐さん
暴走気味なネタは華麗にスルー(何)して真面目に。
C.C.がルルに言ってる内容は特にこれといったものはない。
なぜなら全てルルが自覚している筈の事だから─
まぁ逆に当たり前だからこそ重いんですが。
そしてトドメに『私を失望させるな』とヨイショも忘れない。
『落として、上げる』というセオリー通り!

河口PがインタでルルとC.C.の事を、
『C.C.に対しては弟に近い部分はありますね』
と言ってましたが今回は正しくそれでした。

『人との正しい付き合い方、教えて差し上げましょうか?』
セシルさん恐いよセシルさん。
しかしロイドの中の人が、
『(収録現場で)セシルの中の人が隣にいないと落ち着かない』
と言ったってのも理解出来ますね(白鳥だしw)

・踏み絵
コーネリアは難色を示すも親衛隊ダールトンの進言により参加決定。
確かにあの異常なまでの制圧力を見れば当然か。
ダールトンは地味にイイ味だしてるので結構お気に入りw

・単独潜入→爆弾設置
隠密(工作員)の仕事まで自分でしなきゃいけないってのは辛い所。
まぁ汚れ仕事でも信頼出来る仲間はC.C.ぐらいですからねぇ…
今後、そういったイベントがあるのか楽しみです。

・素人に尾行されるルル=ゼロ
物語の都合と言ってしまえばそれまでだけど、ねぇ…
自分の立場を考えたら尾行は警戒すべきなんだが。
精神的にキツかったから気付けなかったと脳内保管しときます。

ジェレヴィレオワタ\(^0^)/
『私はオレンジとは違う!』と言わんばかりの独白。
まぁ確かにオレンジのあのザマを考えれば当然なんだろうけど、
やっぱり寂しい気持ちになるのも事実。
今後はゼロにどう迫るのか、ギアス体験者なだけに楽しみです。

・上半身裸なゼロと逢引するカレン(何)
この場面の2人の会話は面白い。
一見、ゼロがカレンを導いているようですが私はゼロが自分への決意表明も兼ねていたように思うんですよね。だからこそルルはゼロを肯定したカレンに本音で『ありがとう』と言ったんでしょうし。

『私は、もう同じ失敗を繰り返すわけにはいかないのに』
ルルのプロポーズ(違)に反応してる所を見ると“”がキーか。
こういうさり気ない描写の上手さがコードギアスの良さですね。

クーガー謎の男(というかマオ)
雑誌バレによると、
『C.C.の前の男(何)で、甘さ故にC.C.に捨てられた』との事。
あと未確認情報ですがC.C.に対して愛憎の感情を抱いてるとか。
情報を見る限りでは物凄くツボにキましたねw
愛憎クルー??とか昔の男を目の当たりにして嫉妬するルルクルー??
などなどetc妄想が止まりません(´Д`*)ハァハァ

・片瀬少将(字があってないかも)
最期まで噛ませでしたね。
二言目には『藤堂』と言ってる印象しかありません。
日本解放戦線の上層部がこの程度の扱いというのはちと残念。

・ジョージもといディートハルト

いきなり カ オ ス の 権 化 とか言い出したよ Σ(゜Д゜)!!

ただの報道マンじゃないだろうとは思ってたけど、こうくるとは…
とにかく描写が足りてないので評価は今後次第。

・修羅になりきれないルルーシュ=ゼロ
その事自体に関していえば文句はないんだけど話の展開が…
尾行の件といい「はいはい予定調和予定調和」としか思えない。
シャーリーは自身と関係ない描写で評価下がりすぎ(==;)

『貴様さえいなければ』『お前がいるから』
谷口節キター(AA略)と本来なら盛り上がる所なんだが…
盛り上がれなかった理由ってのは色々あるんですが1番は、

『相変わらず白兜対策が皆無なゼロ』

これに尽きると思います。
ゼロのアビリティはあくまで策略、策士なんですよ。
作り手もそう意図してるからこそゼロのKFは量産機ですし。
にも関わらずゼロは一向に白兜対策を考えようともしない!
これで燃えろと言われても無理ですよ。
ルルとスザクの心情は理解出来るだけに勿体無い…

・シャーリー、ゼロ=ルルだと知ってしまう
これといい尾行といい修羅といい“結果ありき”な描写なのが…
シャーリーは何かと死亡フラグの存在を言われますが、
描写がいかにもフラグ的なのが理由の1つなのかなと。
積み重ねがないのもあって“いきてる”感じがしない。




【13話総評】
感想・考察・妄想と色々書いていると、
『物足りない』と感じた理由が分かった気がします。

それは『盛り上がりが足りない』という事。

すぐ上で触れた結果ありきな描写とも関係してますが今までのコードギアスはツッコミ所を補っても余りある燃え萌え─勢い─があったと思うんです。

ですから次回には何か燃えで一発欲しい所ですね。



総評も終わった所で後述すると言ったスザクの話に。
とはいっても語る事はあまりないんですがw(オイ)
というのも語るには、とにかく過去を見てからだと思ってます。
今のスザクはいうなれば嫌われるように書かれているわけで、
メインの話がくるまで本当の所は分からないと思うんですよね。
本当の所がわかってないのに語っても無意味だろ、と。
黒の騎士団、ゼロが正義の味方を謳った時とかいい例かと。
⇒批判が出るも次週にルルの本意が判明しあっさり沈静化


 


文句を言いつつも長々と書いてしまいました。
嫌よ嫌よも何とやら、ですね(苦笑)
ちなみに次回の更新予定は武装錬金です。
しかし、この予告って意味がない気がしてきた(==;)

スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
>隠密(工作員)の仕事まで自分でしなきゃいけないってのは辛い所
「ああ、ルルーシュへの評価が厳しくなる理由は『そこ』か!」と、納得しました(^_^A
私がD&Dを初めとするさまざまなTRPGで演じているギャブレットと言うキャラと、色々な部分で重なる事が多い割には、覚悟などの面で甘さが多く、「自分が味わった辛さはこんなもんじゃなかった!」となるのかもしれません(--;
D&Dにおいて、領主であり魔術師であった彼は、部下に見えない裏舞台で(魔法を使って)さまざまな工作活動、汚れ仕事を行っていた訳で、そう言った事までルルーシュに似ていたのね…ちなみに、自分の義父が治めていた領地を滅ぼされ、正体を隠して領主になったとか言う所も似ています(^_^A
ちなみに、ADDでは、魔術師では無かったのですが、将来的に軍を率いて帝国に対して挙兵する事を決意した際に、魔術師になることを決意し、そこから悲劇が始まり、味方殺しの汚名を被り、死んで地獄に落ちて、地獄から自力で這い上がってくる等と言う話に繋がったりします(^_^A
彼のコンプレックスに「泣けない(自分は情の無い人間だ)」と言う事が有るのですが、それは自分の行動で出た「犠牲」に対して、犠牲に価する結果を出す、責任を果たすと言った事を常に考えている、だから犠牲が出ても悲しみや目に見える動揺は無く、怒り(敵や自分自身に対しての)と目的達成への作業推進しかないのだと、コレ書いてて気付きましたw
多分、感覚的には気付いていたのでしょうが、今回のルルーシュと比呂さんのレビューのおかげで自覚しました。今後、ギャブレットを演じる参考にしたいと思いますw
ああ、だから今回、目に見えて動じるルルーシュに、私の中に居るギャブレット君が怒っていたんだなぁ(^_^A

>童 貞 に 童 貞 っ て 言 っ た ら 確 実 に 傷 つ く よ ?
いや、C.C.はルルーシュが性的に童貞と言う事で言っている訳ではなく、精神的に青いという意味で言っているんだと思います。
まぁ、実際の所、ルルーシュって性的にも童貞の様な気がしますが(^_^A
2007/01/14(日) 21:21:30 | URL | 黒川 #90LdKUd6[ 編集]
Re:黒川さん
僅かでも黒川さんに助力出来たなら大満足です☆
私はいつも黒川さんのレビューで気付かされる事が非常に多く、タメになる事が多いので感謝しています。
ですから実はレビューして貰いたい作品は山ほどあったり…(涼宮ハルヒの憂鬱とか、どういう観点でくるか興味津々ですw)

>童貞論(?)
精神的な意味での“童貞”だという事は勿論わかってます。
でも『童貞坊や』という台詞の魔力が私の暴走スイッチを(ry

しかしルルーシュが真正の童貞なら、
『(女キャラによる)童貞争奪競争』とか同人誌でありそうだw
2007/01/16(火) 23:39:07 | URL | 比呂飛鳥 #H4cJZq6M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/52-bbcf686d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Asuka (アスカ) 2007年 02月号 [雑誌]亡くなったシャーリーの父。その原因が自分にあることをルルーシュは思い悩んでいた。しかし、それでも修羅の道を突き進むことを選びゼロは動き出す・・・。ディーハルトよりもたらされた情報により、ゼロはコーネリアを叩き日本解放...
2007/01/14(日) 21:14:31 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。