飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中は慌しいですね

教師のイジメとそこから浮かび上がってきた教育現場全体の問題などマスコミが連日のように報道してますがそれはスルー(オイ)


そして芸能界では赤西仁の休業が騒がれていますが、妹がKAT-TUN(というか亀梨)のファンなんでテレビでもよく見かけていたのでそれなりの愛着はあっただけに少しはガッカリしてみたり…

でも最後(?)まで赤西らしかったんじゃないですかね?
乙女ゲー(少女漫画でも可w)で例えるなら、
『亀梨が学園の王子様だとすると赤西はカッコイイと評判の不良』って感じなので(どんなだ)
不良が悪さをして停学喰らうのは(物語だと)日常茶飯事ですし(オイ)


ま、理由は何であれオイタが過ぎたって事らしいですから頭冷やしてからどうするか決めたらいいんじゃないですかね。


 


今日のテーマは『デスノート』です。
水曜分のレビューは・・・また後日w

 


●デスノート

いや~最高です!

今期最高のアニメとまで言われてるのは伊達じゃないですね。


そんな中で個人的に最も評価してるのは井上敏樹!
『アンタやれば出来るんじゃないっ!』とツンデレ風に言ってやりたい位w

出だしはライトとリューク、お互いの【退屈】を敢えて話のペースを落としダラけさせる事で【退屈】を視聴者に植え付けておく。そして話が動き出したら一気にペースをあげる事によって見ている者を引きずり込む─


ホント最近の井上には惚れ惚れさせられます。
カブトでは風間のエピ以外では中途半端なギャグ話という印象しかなくて評価が下がり気味だったんですが『すもも』といい『デスノ』といい同一人物とは思えないw
こうなると白倉限界説もあながち外れじゃないのかも



さて、あんまり誉め過ぎると

『この井上信者が!』

とか言われそう(何)なのでこれぐらいにして…恒例の声優話。

ライトは…まぁ及第点じゃないですかね?
気になるのはヘタレなイメージが強い事(特に驚いた時)ぐらい。
問題は長文・長い台詞や修羅場での演技でしょうが、その頃には中の人も視聴者も【慣れ】が出てくるので致命傷にはならないでしょうしね。
・・・緑川待望論をブチ撒けるほど下手でもないし、かといって諦められる程キャラに合ってるわけでもないってのは微妙。ホストの環はアッサリと諦めついたんだけどなぁ。

未練がましい話はやめてリューク(の中の人)。

意外と上手い(合ってる)じゃん!

ってのが正直な感想です。
多分、前情報が無ければ不倫男とは気付かなかったかと。



あとつい忘れがちなんですが監督も良かったと思います。
コマ割も恐らく今後の月L対決では活きて来るでしょうし何より今回の特に終盤に関してはGJと言いたいですね。





・・・あ~これは出来ればスルーしたかったんですが、


マジでやりやがった!


いやね、確かにガラ艦番外編のレビューで
『女性声優にやらせるなら理解出来る』と言いましたよ。
確かに女子アナなんかにさせるよりはマシですとも。
でもね折角シリアスにイイ感じで纏まってて、
『さぁ余韻に浸ろうか』って時にアレじゃあ台無しだよ(つД`)

スポンサーサイト

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/48-185b4b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。