飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片岡引退

阪神タイガースの片岡篤史内野手が現役引退する事になりました。

私は『片岡篤史といえば?』と聞かれても、
打った後のバット投げが綺麗な人、乳揉んでる所を週刊誌にスッパ抜かれた人、というイメージが強いです。


ただ引退セレモニーの時は泣きました。
彼の憎めないキャラも当然、理由の1つでしょう。
でもそれよりも1人の名選手が去る、という事実が寂しかった─



片岡篤史という選手は鳴り物入りでFA移籍してきました。
当時の私は阪神ファンではあったものの野球ファンではなかったので他球団、しかもパの選手である片岡の事などロクに知らずただただ新聞報道に踊らされるままでした。
なので彼に対する期待度はハンパない程、高かった事もあって移籍1年目の成績には物凄く落胆したのは記憶にハッキリと残っています。


でも私は彼を叩いたり罵ったりした事は無かった。
『来て貰った』選手だから、というのも当然あったんですが先述した様に綺麗なバット投げ、華麗な守備に私は魅了されたからです。
また後の中村ノリ移籍騒動の時のエピソードは彼に対する愛着を確固たる物にしました。とういうのも当時は星野政権でオフの大補強が毎日のように報道され、その候補の1人に同じサードのノリがいました。片岡はキャンプで泥にまみれてノックを受けながら監督(コーチ?)に『ノリが来るんですか!?』と必死の形相で・・・



とまぁこんな事が色々あって気付いたら片岡は
『好きでもないけど憎めないキャラ』
として私の中で定着しました。




そして今年。片岡は今岡の離脱もありチャンスは多くあったものの打撃成績の低迷、更に守備にも翳りが見えるなど明らかに【衰えて】いるのが見て取れます。いった!と思った打球がフェンス手前で失速する、という事も非常に多かったです。

そして遂に今日。彼は引退試合を迎えた。
最後の最後まで片岡らしい野球でした。
四球で出塁、チャンスにはしぶとくタイムリー、そして二塁打。
守備も基本に忠実で華麗でした。

引退セレモニーが始まると私も少しずつ感情が高ぶっていき片岡がスピーチで言葉に詰った時に涙が一気に溢れました。その後は涙がずっと止まらないんです。ボールをスタンドに投げ込む為にグラウンドを一周する時に片岡のテーマソングであるサザンの『BYE BYE MY LOVE』が流れ出した時には球団のニクい演出に感動しましたし中日の選手も参加して行われた胴上げの時には涙でテレビがマトモに見れませんでした。
そして最も感動したのが後輩、年下の選手が涙ぐんでるんですよ。それも阪神の選手だけでなく中日の選手も─



最後に自分の片岡への挨拶で〆たいと思います。

決して綺麗な晩年では無かったけれども最後の最後で綺麗に終われた事はファンとして非常に嬉しく思います。そして何よりも幾度となく感動させてくれた事に感謝の気持ちで一杯です。

ありがとう、そしてお疲れ様でした。




これで片岡引退については終わりなんですが、片岡自身も言ってたようにセレモニーをちゃんと準備してくれた阪神球団関係者の各位にも敬意を表したいです。また付き合って頂いた中日の皆様にも感謝しています。

今回の件もそうですが落合の例の発言もありますし中日はホント『強敵』と書いて『とも』と読むってのが似合うチームだと思います。これからお互いに切磋琢磨していければ阪神ファンとしても野球ファンとしても本望です。



さて05阪神を振り返って、というのもやりたいんですがこれはオフシーズンに突入してからにします。その頃にはアニメも落ち着いているでしょうしね。

スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/46-c308124a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。