飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予定を急遽変更してお送りします

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!        
『演劇部を作ろうとしたら生徒会長の立候補演説をしていた。
もっと言うと素奈緒が演説(回想演説)→勝利→劇落ち だった』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
    
頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…



ある意味では嫁を越えましたよ


『つよきすcool×sweet最終話』の批判です。
関西では放送日が数日後なので我慢出来ずにようつべで見たんですが・・・人間、悪い事はするもんじゃないですねホントorz

 


私はアニメ版(以後、冷甘)がキッカケで原作(ゲーム)をプレイした、という事もあって酷評され黒歴史扱いされてる冷甘に対しても穏便に生暖かい目で見守ってきました。


ですがそれも限界です。


纏められなくなったからといって、

夢落ちならぬ劇落ちに逃げるのが

プロのする事ですか?
 
己の仕事に誇りは無いんですか?


種死といいツバサといい後になって言い訳がましく誤魔化そうとする姿勢が私は大嫌いです。というか、それをやられると醒めるので見切ります。事実、種死もツバサも見切りましたからね。

駄作でも駄作なりに最後まで造りきれよ!
最後まで自分のやった仕事に誇りを責任を持てよ!


私がここまで辛口な理由はもう1つあって、それはオチなのにオチてないって事。勘違いして貰いたくないのは私が批判してるのは製作者の『逃げの姿勢』であって劇オチではありません。劇オチが中途半端でオチてなかったからここまで言ってるんです。


現実な話、オチがオチてりゃ文句ありませんよ。
逆に『そうきたか!』と賞賛の言葉を贈っていたでしょうね。
『いぬかみっ!』のスタッフなら上手い事やっただろうなと確信めいた思いすらありますからw




何にしろ結果的に見事までの黒歴史っぷりなわけで、
監督や脚本家は小者になりましたねw(詳しくはこちら
どの業界でも正しく口は災いの元ですね。
木村真一郎大宮三郎山田靖智の三人の名前は見事なまでに私の心に刻まれましたよ。勿論悪い方でねw
デスノートならぬブラックノートで負債&竹P、ツバサコンビに並ぶ不名誉な位置にランクインしました。



本当はスーパーヒーロータイムのレビューをやるつもりだったのに台無しだよ(==;)

スポンサーサイト

テーマ:つよきす Cool×Sweet - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/40-d4881b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。