飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジーコJAPAN

W杯のメンバーが本日、発表されましたが実は私にはどうでもいい事だったりします。
別にサッカーが嫌いというわけじゃありません。

ただジーコジャパンに魅力を感じないだけ。

理由としては幾つかあるんですが、その中の1つに超私的な理由として森島を召集しないというのがあります。
ジーコジャパンはパサーは数多くいるもののそれを活かせておらずグダグダな試合になる事が多い。
そんな時に動き回って相手をかき回す事が出来る存在がいれば、どれだけ大きいか。

森島? もうオッサンだろというのなら同タイプの古橋(これまたC大阪)がいます。Jリーグで活躍しても見向きもされないのは怒りを通り越して呆れるほどです。


他にもメンバーの選び方に贔屓を感じる事も多い。病み上がりの柳沢はいい例ですよ。


まだまだ不満は腐るほどある(信念の無さとかマスコミの対応とか)んですが愚痴のオンパレードになりそうなのでこれぐらいでやめておきます。

トルシエの頃のサッカーは楽しかったなぁ…



早速ですが今日のテーマは「三大特撮のレビュー」
です。


・ウルトラマンメビウス

最近は面白いのでビックリ(オイ

斑鳩と女ライダーのお陰で個人的評価が上昇中です☆
特に流星シュートの方は期待通りにネタキャラ化してきてるのでかなり嬉しかったりします(笑

まずは先週のおさらいを簡単に。
斑鳩メインの回で印象に残ったのは何と言っても、


惚れたのか?


この台詞に尽きますね。というかこの台詞がなかったら見切ってたかもしれn(ry

で今週は女ライダーの回(名前覚えてないorz
「ライダーが聴力が優れてるってどんな謎設定だ?」と萎えていたら見事に使ってくれました!
あとリュウさんが初めてカッコよく見えたよw
リュウさんは熱血を期待するから「失格」なんであって「時々カッコいい馬鹿」なら全然OK。

あと忘れちゃいいけないのがウルトラマンもどき。
殉職された元隊長ですよね? 何故生きてる? と疑問は尽きないわけですがこれからに期待としか言いようがない…
最近いい感じなんで壊さないようにして貰いたいですね




・轟轟戦隊ボウケンジャー
小林靖子脚本の回。
カブトが燃え展開の後に落ち込んだのを見ていただけに不安だったんですが、それを見事に吹き飛ばしてくれました。

まずTask12・桃(と黄)メインの回。
話のテーマは「桃のナンバー2らしさ」ってのと「桃なりの思いやる心」ってのを表した回。
個人的にはTask5(これも桃メイン)と順番が逆の方が良かった気がしなくもないが面白かったので気にしません(何
それに戦闘シーンがとても良かった。
前回のレビューで「赤の強さ」が難点と言いましたが、それをドンピシャでやってくれたのでウハウハです☆
特に弱点のアクセルラー(変身道具)狙いの攻撃は最高。

総評は、話のタイミングは微妙なものの物語の内容・戦闘シーン共に面白かったので全然OK。

そして今回がTask13・青メイン。
途中までは「ボウケンジャーまぬけ過ぎ」と萎えていたんですが最後のドンデン返しで持ち直す。
話のテーマは青の(女好きっていう)キャラ立てだと思うんですが1話かけてやる必要があったか?と聞かれると悩む所。

更に怪盗セレネーの正体(かぐや姫)ネタも微妙。
怪盗にしては情けなすぎたのでそういう意味でのフォローは出来てますが子供騙し感が拭えない。

ロボ戦も、何故かスーパーダイボウケンを出し惜しみして苦戦→結局スーパーダイボウケンにっていう矛盾があって微妙。
ただ青が機転を利かせた所は良かった。


総評としては「突っ込み所は多いものの、要所要所は締めてる」のでまぁ合格点かな、という感じ。



・仮面ライダーカブト


井上脚本キタ――(゜∀゜)――

グダグダになりつつあったカブトを好リリーフ。
良い所が数多くあるんですがgdgd米村との最大の違いは「影山の落とし方」ですね。
影山は米村超脚本でダークサイドに落ちてしまった(某不運主人公を思い出しましたよ)わけですが、
井上脚本では「いきなり現れた天道寺(天道にもちゃんと理由あり)に司令官ポジを奪われ屈辱の日々。謀略でハメようとしても読まれ更なる屈辱。そしてワームをボコって鬱憤を晴らそうとしても逆にワームにボコられた挙句、新たなる資格者が現れ、そいつが強いとくる」

これだけの事があれば更にダークサイドに落ちる(と思われる)のも当然だよなと思えてしまう。流石、井う(ry

他は天道が密かに加賀美をフォローしてたのも印象的。
こういう友情も有りだよなぁと少し羨ましい(笑

あとドレイクがライダーシューティングをお披露目。銃使いは相棒がいてこそ形になるってのを、さり気なく演出していてGJ

総評としては「爆発的な面白さはないものの全体的に上手く纏まっていて飽きさせない面白さ」という感じ。
来週も井上だったと思うのでこの調子で来て欲しい♪
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/13-4cc3a037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。