飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊戯王5D's完結!!
最終回の感想から

前回の予想通り、ベタな内容ですが本当に良い物語だった
ジャンク・ウォリアーでの〆には燃えましたよ
ロードランナーの頑張りも良かったなあ
初期の遊星の時間稼ぎといえば屑鉄のかかしかロードランナーかっていうのを思い出して懐かしい気持ちになりましたもん

そしてまさかの遊アキ!
あれはスタッフのせめてもの抵抗ですよね? ね?
ホビーアニメという事で描けないなりに描いたんだと

逆にジャッカリは涙目な感じに・・・
まあカーリーの中の人のゴタゴタがあって声優変更があった時点で色んな意味で“終わって”いたのかもしれませんが・・・

あとは・・・サテライトの面々(ラリーと愉快な仲間たち)が出てきたのもGJでしたね
絆を題材にしてるだけあってキャラを大事にしてるのは本当に素晴らしい


では「遊戯王5D'sを振り返って」いこうと思います

私にとって5D’s(通称ゴッズ)は決していいイメージでは無かったんですよ
先日のバトスピの感想でも少し触れましたが冨岡がシリーズ構成をしていた最初期は本当につまらなくて、遊戯王だから、長期(最低でも4クール以上)作品だからもしかしたら・・・という淡い希望に縋って惰性で見ていたんですよ

しかしそれがフォーチュンカップ(通称FC編)に入ったあたりから徐々に面白くなっていき終盤の遊星VSアキ、遊星VSジャックを経てダークシグナー編で一気に覚醒するんですよ
(補足:ちなみに冨岡が明確に構成を降板したのはFC編終了時、ただしFC終盤の脚本自体は他の脚本家が書いており実際にいつ頃降板したのかは不明)

なのでなんていうのかな
ダメな子ほど可愛い、じゃないですけどダメだった子がステップを踏んで成長していく様っていうのをリアルタイムで体感した感じなんですよね

だから5D’sに対する愛着っていうのは他の作品の何倍もあって
それこそワシが育てたに近い感覚すらあるんですよね
見捨てなくて本当に良かったなあっていう自分勝手な思いが(笑)

そういう意味ではアニメ遊戯王でお馴染みの吉田伸を投入するというテコ入れはドンピシャでした
特にキャラの方向性という意味では確実に正しかった

最初期の頃の○○が良かった~なんてのはよく聞きますが(特にジャック)私からすればあり得ませんよ
どいつもこいつも薄っぺらいキャラばっかだったのをよく立て直したなあと感心させられましたもん

特に遊星
クールといえば聞こえはいいものの、考えてる事がよくわからず見ようによってはコミュ障にすら思えたあのキャラをいい感じにハイスペック絆厨に上手いこと舵をきったのは賞賛されてしかるべきだと私は思いますね

テコ入れといえばその恩恵を最も受けたのは遊星の中の人こと宮下だろうなー
遊星のキャラ転換のおかげで感情の乗ったいい演技をバンバンするようになりましたからね
これは私の推測ですが元々感情を前面に出した演技は上手かったんじゃないかなと思うんですよねえ
それぐらいあっさりと上手いことハマってましたから

まあ見方を変えれば折角の素質を数か月以上眠らせていた、とも言えるんですがw
実際初期の演技のイメージがこびりついたせいでいい演技をするようになってからも散々棒棒棒いわれてましたからねぇ
何度「お前らちゃんと今の演技をしっかり見てから文句いえよ」と思った事やら

しかし吉田伸は1度特撮でも見てみたいなー
ハリケンとウルトラを何作か書いてますが個人的には平成ライダーで見てみたいかなあ
いわゆるライブ感(これを白倉特有のものと勘違いしてる人多いですけど東映特撮全般に該当する)にも対応できそうだし役者の初期の演技力の低さも遊戯王で経験済だし面白いと思うんだけどなー
ゴッズ見ても分かるようにいわゆる大きなお友達にも見応えがあって、かつしっかりと子供向け番組もしてるというスキルは放っておくには勿体なさすぎますよ

けどそもそも遊戯王側が手放さないか
次回作のゼアルではついに最初からシリーズ構成という大役をゲットしたみたいですしね


あとは・・・ゴッズを語る上では欠かせないライディングデュエル
これも初期は散々な言われようだったんですよねー
ライディングデュエル(笑)
バイクになんで乗るの?
デュエルにバイクなんて必要ないだろ
etcetc

しかし今では欠かせない要素になった
ほんとねスタンディングだと物足りないんですよ
ライディングの動きのあるデュエルにどっぷり浸かっちゃったから普通のこれといった動きのない普通のデュエルだと見ていて何か画面が寂しく思えてしまうというねw

そういう意味では映像斑演出斑もいい仕事したなー
モンスターをかっこよくという基本中の基本はもちろんのこと、ライディングでもいいカット多かったもんなー

FC編の遊星VSジャックとか素晴らしい演出のオンパレードでしたよ
特に追う者と追われる者が逆転する! という場面の演出はマジで素晴らしかった
ライディングならではの演出ってのはこういう事を言うだって感じですよ


【まとめ】
あー5D’sの再放送が待ち遠しい
多分GXの再放送が終わればその枠であると思うんですがまだまだ先の話なんだよなー
次のTFがまだ5D’sらしいんでPSPをそれまでに手に入れて楽しむとするかなあ

いやまずはブログやpixivとかを巡って感想なり二次創作なりに目を通そうと思います
最終回で遊アキも双子も色々おいしかったですからねw


では・・・最後に遊戯王5D’sのスタッフの皆様への感謝の言葉で〆たいと思います
楽しい素晴らしい作品を全154話、約3年間、本当にありがとうございました!





【P.S.】
ゼアル色々と言われてますが私も正直不安です
なんせ5D’sへの思い入れが半端なかっただけに素直に楽しめるのか自分自身でも正直よくわかりません
ですが5D’sがそうであったようにゼアルも楽しめる作品である(もしくはそうなる)と信じて待ちたいと思います
ま、ゼアルはハナから吉田伸が構成なんで大丈夫だろと楽観視してる私もいるんですがw
スポンサーサイト

テーマ:遊戯王5D's - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hiroaska.blog62.fc2.com/tb.php/112-298ac8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。