飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨスガ11話が神すぎて困る(&最終話感想)

ヨスガノソラは荒川がシリーズ構成をしてるんですが10話までは正直、荒川を起用した意味も分からんし
荒川自身の脚本もぱっとしないというか「この程度か」って感じだったんですよ
何でそうなったかっていうと荒川や他のスタッフの実力が云々というよりアマガミ方式がネックだった
正確には劣化アマガミ、ただしセックルはあるよ! って作りなんですがw
というのも1ヒロインあたり2話ないし3話で完結させてるんですが尺的に無理があるんです
しかもヨスガの場合は主人公とその√のヒロインがセックルするんですがそれが早いのなんの
早いのだと√突入して1話目の半分ぐらいでもうセックルおっぱじめるんですからね
感情移入も共感も何もあったもんじゃない

さらに早々にセックルに突入する為なのか主人公が超積極的な肉食系全開なんで
お前は本当にその女が好きなのか、はたまたHしたいだけなのかが見てる側には分からない有様

とまあ以上の理由から「荒川使う必要ねーじゃん」と思ってたわけですよ
それこそこういう作りの作品なら平凡な萌えアニメを濫造してる脚本家を据えてれば
こっちもハナからシナリオ(ストーリー)には期待しなかったのにとまで思っていたんですが・・・

[ヨスガ11話が神すぎて困る(&最終話感想)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ヨスガノソラ - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。