飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なのはStSとみせかけて実は舞乙という罠(何)

魔法少女リリカルなのはstrikers(以降sts)は人気シリーズ魔法少女リリカルなのはの3作目で私も前作(2作目)であるA'sは非常に高く評価しています。
ですからその続編であるstsには嫌でも期待してしまうんですがどうしてもイマイチ乗り切れないというか不完全燃焼である感が否めなかった。
物語も終盤、クライマックスで話の内容自体は悪くないにも関わらず何故乗り切れないのか、不完全燃焼と感じてしまうのか、その理由を色々と考えているのですがモヤモヤした感じでしっくりきません。
頼りのネット(某巨大掲示板も含めて)もいわゆるファンとアンチで意見がものの見事に二分化されている為、アテにならない状況…
そんな中、舞乙のファンブックが目にはいった時、閃きました。


似たような作品と比較すればいいじゃない、と。


舞乙とstsは結構、共通点が多いんです。
根本的な所でいえば旧キャラが新キャラの先輩・上司である事、キャラが(2クールの割には)多い事などが挙げられますし細かい所でいえば百合(=女キャラ同士の絡み)優先で男キャラが軒並み不遇だったりする点も同じです。
もちろん違う点も多い(代表的なのは群像劇か否かという事)のですが旧キャラと新キャラの扱いの部分で共通点がある作品が少ないので比較するのは問題ないかなと。
…と理屈こねてますが、まぁぶっちゃけると直感に理屈を後付けしただけですw


あ、旧キャラが先輩or上司で新キャラが後輩or部下という作品があったら教えて下さい。思いついたのが舞乙と種死、Zガンダムだけというのは寂しいのでw

[なのはStSとみせかけて実は舞乙という罠(何)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

今回は実写2連発

黒川さんのブログで失速する作品、もとい期待に大きく背かずに最後までいってくれる作品のありがたさについて話している際にロミジュリの話題が出たのですが私はロミジュリの存在をすっかり忘れていました。
というのも私の中で『絶対いつか失速する』と確信めいた思いがあったからです。
じゃあロミジュリに期待してなかったのかと聞かれれば決してそうではなく、初期のデキで最後までいって欲しいと期待していたのは本当です。


ただそれ以上にシリーズ構成である吉田玲子に対する不安の方が大きかった。
恋愛だけならいざ知らず、戦争(憎しみの連鎖)だ、ファンタジー要素だ、と詰め込みすぎては玲子女史の力量で捌ききれるわけがありません。


しかし構成・吉田玲子の“立て直せなさ”は酷いなぁ…
一度、歯車が狂いだすと良かった頃、もしくはそれに近いレベルまで戻せたのを見た事がない。
キャンバス2から始まり彩雲国物語、金色のコルダ、そして今回のロミジュリの計4作品。
論外の獣王星やムシウタ、最初から低空(中空?)飛行のDグレも含めて、良い所がありません。
玲子の書く脚本は決して悪くないだけに、シリーズ構成としての実力不足が余計に目立つのが皮肉というかなんというか…
代表作の“マリみて”ではどうなのか気になる所ではあるんですが基本的に百合はあまり好きじゃないからなぁ(^^;)


今日のレビューは
『魔法先生ネギま(実写)』『キューティハニーTHE LIVE』
以上の2つです。

[今回は実写2連発]の続きを読む

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

予定変更しておおきく振りかぶってのレビュー

関西では日本が惨敗した、いや日本の惨状を世界に知らしめたと言っても過言ではない世界陸上の影響もあり他所から3週間ほど遅れているのですが本日ようやく23話が放送されました。
しかし正直、期待ハズレでした。今回の部分は原作段階で既に「そりゃないだろ」と感じていたのでアニメスタッフがどう改変してくるか注目して見ていただけにガッカリです。


まず捕手・河合の三塁への牽制。
これは本来なら普通に有りです。でも今回の試合は雨が降っています。雨のせいで選手が四苦八苦している場面もありました。
にも関わらず、あの状況で牽制球を放るのは博打以外の何物でもないです。
いくら桐青が強気な野球をしているとはいえ強豪校がやる野球ではないですよ。


ただこれに関しては多大なメリットがあるので単純にダメとは言い切れないのも事実です。
もしもあの場面で三盗が成功していれば一気に大ピンチですからそれを未然に防ぐのは大きい。
言うなればハイリスクハイリターンといった所でしょう。


ただ描写のやりようは幾らでもあったのも事実でしょう。
基本的に終盤にやるからこそ問題があるわけで中盤に三塁牽制をやる分には特に問題ありません(終盤にやる場合と違いローリスクハイリターンになるので)
ここまでいい感じに改変してきただけに勿体ないです。



そしてキレそうになったのが田島と馬鹿正直に対戦した場面。
9回1点リードの二死二、三塁の場面で4番と勝負するチームがどこにありますか!
しかも田島はただの4番ではなく投手の癖を盗むなど野球センスがズバ抜けている事も判明している状況ですよ。
さらに田島の後ろを打つ花井も決して怖い打者とは言えず、どちらと勝負すべきかは火を見るよりも明らかです。
更に細部を詰めていくと、2点目(勝ち越し)のランナーが既に二塁(得点圏)まで進んでいるので敬遠しても殆どデメリットはありません(強いて言うなら押し出しですが投手高瀬のコントロールと田島の怖さを考慮すればどちらが得策かは明白です)


では改善策はどうすべきかというと実に単純で二、三塁じゃなく一、三塁にすればすみます。
一、三塁の場合だと敬遠をしなくても不思議じゃない(敬遠すると勝ち越しのランナーを得点圏に進める事になるので)
また勝負してもシンカーであれば長打はまず打たれないと考えるでしょう(仮にヒットは打たれても長打が出なければ同点ですむ)
このように一、三塁ならば田島と勝負してもおかしくない状況といって問題ないかと。


あと、この場面で気になったのが桐青の監督。
仮にアニメの状況そのままで勝負させるにしても監督に悩ませる描写は入れるべきでしょう。
それも無しに打たれた後で「俺が悪かった」とか言われても、オイオイ(==;)としか思えません。



【おおきく振りかぶって総評】
アニメはこの場面の改変を特に楽しみにして見続けてきたと言っても過言じゃないだけにショックは大きいです。
今回の脚本は監督の水島が書いてる(=監督1人が泥を被る)ので黒田の責任が軽く済むのが唯一の救いでしょうか。


 




本来ならネギま(実写)のレビューをあげる予定だったのですが、おおふりが見事に地雷を爆発させてくれたので急遽、予定を変更しました。
おお振りに続けてガンダム00も見ようと思ってた(関西ではおお振りの後にガンダム00なので)のにそれどころじゃなくなっちゃったよ(==;)

テーマ:おおきく振りかぶって - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。