飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに江の視聴を断念
ありきたりな表現をするならば「切った」という奴ですね
貴重な戦国時代を題材にした作品という事で出来れば最後まで見たかったのですが「女性はかわいそうなんだよ」アピールに耐えられなくなりました
あれじゃあ無双とかバサラとかの方がよっぽど女性の悲哀を上手く表現できてますよ

脚本家が篤姫の人という事でそういう展開になるのは分かりきっていましたし覚悟もしていたんですがやっぱキツイわー
それでも序盤は逸話の別の側面(長政の髑髏エピソードとか)を採用したりと見所があったんですがまともな武将の相次ぐ退場により見られるものが無くなった(減った)のがなあ

秀吉が腹黒なのは別に全然おkでむしろどんどんやれって感じなんですがいかんせんどうも小者感が否めないというかしょっぱいというか
三成も人間関係には難があった人だけど上司に対しては卒なくこなす有能な人なのにただの使えないKY的扱いだし・・・

龍馬伝は何だかんだいって楽しかったなー
あれも決してパーフェクトな作品ではなかったし何度もgdgdしてたけど福山龍馬と香川弥太郎という2本の柱がしっかりしてたからなあ
最終回、龍馬が殺されて弥太郎が泣き崩れるシーンは涙腺崩壊したのは今でも覚えてます


江なあ・・・あの有名な跡継ぎ問題の所は(超終盤ですがw)見たかったんだけどなあ
大河(というよりNHK)がどういう選択をするのかね
主役である江(と秀忠夫婦)が家康の超絶かませとなるあのエピソードをどう処理するのか、始まる前からの唯一といってもいい見所だったのに
まあ主役が最後の最後で子育てに失敗するようなエピソードは抹消されるのがオチでしょうけどw

なんせそのせいで江の子の家光はファザコンならぬジジコンこじらせて二世権現とか言っちゃうようになるんですがw
その二世権現のせいで家光は家康と春日局の子だ!なんてトンデモ説が出来ちゃうあたり家康も家光も不憫だ


あとは・・・散々色々な所で言われてるキャスティング、上野樹里の演技力に関する話題ですがあれに関しては私は上野に同情的ですね
というのもそもそも無茶ぶりもいいとこなんですよ
普通であればまだ子役を使うような回から上野にやらせればそりゃ無理が出るに決まってるじゃないですか

それこそのだめと同じ演技だーとか言われてますがいい年した女性に小学生役やらせれば誰だって池沼っぽくなりますよ
NHKからすればそこ(話題性)を狙ったのかもしれませんが上野サイドからすれば勘弁してくれよって感じじゃないですか

ほんと素直に子役使ってればいいのにね
それこそ大河はつい数年前に天地人の時に子役でオイシイ思いしたっていうのに
スポンサーサイト

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

私がマスコミの怖さを知ったのは04阪神

先週の深イイ話に鳥谷が出演していたのですがえらく(性格的に)丸くなった印象を受けましたね。
図太い神経しているのは分かっていた(阪神で若手がやっていこうと思えば必須)んですが不器用というか思っている事を馬鹿正直に発言していた感があったんです。

それが今回はいい感じにリップサービス出来ていた。
ほんの1年前に「関西にはまだ慣れない」と公言していた男と同一人物とは思えませんでしたよ。
FA(国内移籍)しない発言までしましたし。
まあ新井のようにアテにならない場合も多々ありますがw

やっぱり1番デカかったのは伸助がイイ感じにイジってくれた事でしょうね。
阪神では叱ってくれる年長者はそれこそ沢山いるんですがイジってくれる先輩がいなかったですから。
なので今回の放送で鳥谷に対するイメージが良い方向に変わったんじゃないですかね。
というのも鳥谷に限った話じゃなく04入団組は軒並み在阪マスコミのネガキャンのせいで悪いイメージがこびりついちゃってるんですよ。
それこそ岡田は優勝するまでは酷いもんだったし葛城なんかも「ウオオォォ」があるまでは何かとイチャもんつけられてましたから。
そういう意味では関西圏での視聴率が気になる所なんですが…どれくらいだったんだろ?



今日は『炎神戦隊ゴーオンジャー』『仮面ライダーディケイド』『フレッシュプリキュア』です。

[私がマスコミの怖さを知ったのは04阪神]の続きを読む

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

仮面ライダーディケイド(他多数)

先週のとらドラに見事にヤラれました。
北村と会長の話は卑怯ですよ(オイ)
だって私のストライクゾーンど真ん中に豪速球をブチ込んでくるんですもん。
あれは惚れるって。
基本ヘタレの私は北村に感情移入しまくりで会長との屋上のシーン(回想)はマジで心ふるえました。

まぁ結果は(今のところ)悲恋なんですがorz
あははーどうせ俺はマイナー好きだよ、悲恋や成就せずなんてのもザラだよ。
どうせダブルオーのサジルイだって最後は悲恋だよ、それでOP詐欺とか言われるんだよ!

監督、そしてシリーズ構成の方、最後の後日談的なものでもいいんで北村×会長な描写を下さい。そしたら狂喜乱舞して最終巻のDVD買うんでw

しかしヤバイなぁ。
いわゆる青春ラブストーリーものの場合、脇に嵌ると作品自体を楽しめなくなるんですよねぇ。
それでなくてもヒロインなら亜美派なのにその上、脇役の北村(と会長)に感情移入してたら完全にtrue tearsの二の舞だ。
補足:私はttではガチシスコンの兄貴や愛ちゃん、みよきちの方が気に入ってメインである眞一郎の三角関係がどうでもよくなってしまった。結果ネットで議論を呼んだ結末についても「描写不足な気もしないでもないけど、ま、妥当な所だろ」とすっかり醒めた目で見ていた、なんて事に)

あ、どうでもいいですが北村の告白でゲイナーが浮かびました(中の人的な意味で)
てっきりシャナの眼鏡マンのイメージで選んだのかと思っていたんですがゲイナーだったとは(笑)



今日はタイトルにもあるように『仮面ライダーディケイド』『Yesプリキュア5GOGO』『ef2』の感想です。

[仮面ライダーディケイド(他多数)]の続きを読む

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

アニメギガ

今日の深夜12時からNHK BSで放送されるアニメギガにコードギアスの監督で有名な谷口氏が出演します。
煽り文句によると「コードギアス成功ヒットの秘訣を探る」とかあるんですが…

何でこの時期にやるかなあ?
R2がグダグダな今、良い事を語られても「それを本編で証明してみせろよ」とか思っちゃいそうだ(==;)
もともと私は谷口氏のインタでの内容などに賛同できない事が多いだけに確実にそうなるだろうなぁ。
せめて一期が終わった頃、もしくはR2が始まる前ならばマシだっただろうに。


R2といえば総評もとい反省会は放送が終わった後にやるとして…かつてのエースがここまで堕ちるとは思いもしませんでしたよ。
08年上半期(4月~9月)はコイツがいるから絶対、大丈夫だと。
仮に他の注目アニメが全部コケようともR2だけはエースとして君臨してくれると。

それが実際は皮肉にもマクロスFにあっさりとエースの座を奪われ、他の注目アニメもコケるどころか至って順調な進みよう。


DVDやBDは売れるんでしょうがデキ自体は現段階では1期はおろか他の有力アニメにも及ばないというのはファンとして寂しい限りです。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

好きを実感する時

先週の日曜日、大胆MAPという番組に緑川光が流川楓の中の人という事で出演したのですが「俺ってホントに緑川ファンなんだなぁ」と実感しました。
見てる時に気付いたら「落胆されませんように」とかで物凄くドキドキしてるんですよ。
だからテレ朝が緑川の事を「二枚目で有名」とかいう無茶振りでハードル上げやがった時には本気でハラハラしてましたw

収録現場の暗さと眼鏡で何とか誤魔化せて本当に良かった(オイ)


今日のレビューは
『仮面ライダー電王』『仮面ライダーキバ』『Yes!プリキュア5』です。

[好きを実感する時]の続きを読む

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

“初めて”の大河

今年の下半期(9月~12月)はアニメが不調だった事もあり久しぶりに連続ドラマに入れ込みました。
今回レビューする風林火山を始めガリレオ・SPと、アニメを本格的に見だしたここ数年の中では間違いなくトップの量でしょう。

その中でもガリレオはホント面白かったです。
1話があまりにも神すぎたのでその後が大変でしたが常に安定して面白かったのは高く評価してよいかと。
アニメにしろドラマにしろ最後まである一定以上の水準を守るのがどれだけ難しいか。

そして、それをまざまざと見せつけてくれたのが今回レビューする『風林火山』という作品でしょう。

[“初めて”の大河]の続きを読む

テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

思い込み─先入観─

私はジェットマンを聖域扱いがする故に『自分は特撮なら戦隊派』と思っていたのですが新たに始まったゲキレンジャー&電王を見て間違いに気づきました。

私は戦隊が好きなのではなく、
メタルヒーローもといメカっぽいのが好きなんだと。

実際、冷静に考えてみても戦隊はジェットマン以外はロクに覚えてない(ケーブルTVで再放送されてるジュウレンジャーを見たのですが何の感慨もなし)のに対しメタルヒーローはロボコップジャンパーソンを筆頭にビーファイター、BFカブトなど懐かしいものばかり。


ジェットマンという私にとっての(特撮での)絶対的存在がありもしない先入観を作り出したんだなぁと己の事ながら関心してしまいました。



それに対し実際に存在した先入観が戦隊の赤のあり方!
以前のボウケンジャーのレビューでも少し触れましたが私は戦隊の赤にはリーダーらしいリーダーであって欲しいという思いが非常に強いです。


 


とまぁこの前振りで分かると思いますが特撮を中心に、
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』 『轟轟戦隊ボウケンジャー総評』
『仮面ライダー電王』 『Yes!プリキュア5』
『ぷるるんっ!しずくちゃん』
のレビューが今日のテーマです。


コードギアスのレビューは延期します。

[思い込み─先入観─]の続きを読む

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。