飛鳥の止り木
飛鳥の止り木は、比呂がアニメ・漫画・ゲーム・ドラマ・スポーツなどなど幅広いジャンルで毒や砂を吐く戯言日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国無双3猛将伝をやってたら戦国熱が久しぶりにMAXになったので戦国関連の本を読み漁ったりしておりました
その内の1冊に細川幽斎・忠興のすべてという本があるんですが正直本自体の感想としてはイマイチでした
幽斎にかこつけて足利幕府を語りたいだけだろな著者もいたりで「これは外れかなー」と思っていたのですが本能寺の変がらみで細川親子と明智光秀について書かれた部分はかなり興味深かったですね(当時は細川ではないんですがめんどくさいんで細川で統一してます/本の方はちゃんとしてます)

なんでも細川家と明智家の婚姻(忠興とたま)は信長によって行われたものであり細川家と明智家の縁戚関係は信長あってのものでその信長を光秀が謀反し殺した時点で縁戚関係など無いようなものだ、という話

これの何が興味深いかっていうと光秀が信長に謀反した時点で縁戚関係も糞もないという点
というのも本能寺の変以降の細川家の選択って細川家の生き残り戦術の1つとして纏めて語られちゃってるんですよね
幽斎が信長に乗り換えた事や後の関ヶ原で東軍についた事なんかも含めて細川親子の勝ち馬に乗る能力パネェ的な感じですまされちゃう
なので本能寺の変後の選択も義理(光秀)ではなく実利(秀吉)をとったという扱いがほとんどだったわけですよ

そこを「いやいや光秀自身が縁戚関係の大元である信長をブチ殺した時点で義理なんかあるわけねーじゃん」という主張は
実にしっくりくるというか盲点だったというか私からすれば青天の霹靂という感じでしたね

そういう意味では光秀の小者っぽさも印象に残りましたね
有名な「味方してくれたら権力は娘婿である忠興に譲るよ」は知っていたんですが当初は強気だったのがまさかの展開に慌ててへりくだってこの書状になったっていうのを知るとねぇ・・・
あの時代、甘い言葉(利権)での誘いはデフォなんでそれ自体には何とも思いませんが最初は味方して当たり前な態度→味方にならずに慌てて甘い言葉、ではかなりしょっぱい印象にならざるをえません
こういうのを見ると本能寺の変は光秀の突発的なもの説を支持したくなりますね
当時にしてはそれなりの高齢だったはずですしまともな思考能力を失ってたんじゃないのかなあと



というわけで戦国無双3猛将伝のレビューです

[]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

テーマに戦国無双ないってどういう事なの・・・
三國無双は2つもあるのに戦国無双はないって・・・
そりゃ発売されたの1か月以上前だけどさー

愚痴っててもしょうがないので早速いきます

まずは次回作で個人的に参戦(PC化)してほしいキャラを何人か挙げてみようかなと
そのあと3猛将伝のシナリオごとの感想いきたいと思います

というわけで『次回作で個人的に参戦(PC化)してほしいキャラ』です
[テーマに戦国無双ないってどういう事なの・・・]の続きを読む

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。